函館マラソン参戦記当日編(地獄の黙示録)


こんにちは、目黒整体です
先日、日本一過酷なファンランと言われている函館マラソンに出場した、善治朗先生の大会当日の記録をご覧ください。

2018函館マラソン大会
当日、
早朝5時。
目覚め。
宿泊部屋の窓を開けたら、
東京では、お目にかかれない
濃霧。
えっ、
寝起きの頭も脳霧!
熱っいシャワーを浴びて、
雲散霧消脳霧退散ぁーん。
脳霧は消え失せ、
着替えて、朝食を食べ終え。
出かける準備万端。
濃霧は消えたかな?
宿泊部屋の窓を開けたら、
雨。
立派に降りそそぐ、
本降りシャトーブリアンの
雨。
天気予報よりも、
早く太く降りやがって。
開き直ってやる。
ふるならふれ、
ふれふれふれぇー。
もっと、ふれふれふれぇー!
ふれッ!ふれッ!
ふれッ!ふれッ!ふれーッ!
風がないだけ、
気温がそれほど高くないだけ、
マシ。
土でどろどろのビチョビチョ地面の
手荷物預かり所に預けて、
ぬれながら8時30分までに
グランドに整列。
フルマラソンのスタートは、
9時10分。
ただひたすらに、雨に打たれる。
これも、きっとなにかの修業なのだと自分に言い聞かせ耐えました。
うっ!いつもの大会と違う!
ブロック別に並ぶのですが、
いつもなら、
我れ先に我れ先にと
前に前にと行く人がいない!
前後左右が隙間ダラけで、
どうぞ、どうぞどうぞ!
みたいな感じで
牽制している雰囲気!
不気味だ。
なんだ、このビビリの違和感は。
大会運営の挨拶なら、
ゲストのトークやら、
そうこうしているうちに、
ビチョ濡れズブ濡れでスタート。
競技場のメイングランドから
市街地までは渋滞。
その先、
ペースが遅い。
らくらくフォンペース!
とびます、とびます、の
ランナーがほとんどいない!
自分と同じくらいの遅いペースだ!
10km、これが急激なドドンパアップダウンの始まりか!
確かにタフだが、
これぐらいならこのペースで
後半イケイケだ。
20km過ぎ、
アップダウンもあるけど、
まだまだイケイケjoggerだ。
 
それからなんkmから走っただろうか?
橋登場、
急激な登り坂をダッシュ。
小癪な、これが噂に聞いた巴橋か。
たいしたことないじゃないか。
ふふふ、ふふふ。
えっ!
うわぁぁぁああー!!
なんだなんだ、
この頭上に見える、
地球征服壊滅させるような、
巨大な未確認物体は!
これが、巴橋だよ。
と、囁く声が聞こえる。
錯覚した小さな橋を渡ると、
右折、
まっすぐに伸びるアスファルト。
巨大な巴橋の入り口まで、
遥かに見える。
ここで、こころ折れ第1通過地点。
折れちゃあいけない。
雨かあがって、
体幹温度、感度は沸騰前。
巴橋のはじまり。
エイドで飲んだり食べたり、
腹いっぱいたげど、
水分補給たげは、ゲップ。
入り口あれば出口ある。
よーし、
巴くんやってやろうじゃないか。
濃霧にかすかに浮かぶ、
登り伸びどこまでもうねり漂う
巴くん。
巴くん、巴くん。
この高速道路みたいなバンクな登りッて、脚が足が膝が笑えないほど、
辛いっす。
チカラを抜いて、
ももをあげて、
足首を返して、
まっすぐな姿勢で、
濃霧で先が見えにくい。
ん!
反対車線にある33㎞とかは、
あと10kmなのか?
巴くん。
やっと渡り終えたよ。
おお、赤煉瓦倉庫だ。
石畳み石畳み。
ハシリにく。
コタエマス。
赤煉瓦倉庫過ぎても、
まっすぐに伸びるアスファルト。
ここで、こころ折れ第2通過地点。
折れちゃあいけない。
ただ、
行きがあれば帰りもある。
片道切符じゃあないぞ!
そう、自分を勇気付けて、
ひた走る。
同じペースで同じペースで。
俺は、KIN Gof joggerだわー。
折り返しに会うランナー達は、
みな同じ顔。
よし、折り返し地点だ。
もう一回やれば、
あとは平らな道路だ。
スタスタとリズムを刻んで、
赤煉瓦倉庫の石畳み。
しばらく走って、
そそり立つ巴くん。
巴くん、
相変わらずに、
霧の中でうねり泳いでいるね。
まるで巨大な坂東太郎みたいだよ。
きっと、
関西風に捌かれ焼かれるだろね。
なんとか、なんとか、
もうし開きして、
渡らせていただきたく存じます。
ここで、こころ折れ第3通過地点。
頭も身体も沸騰しそう。
もしかして、心臓って止まる?
同じ遅いペースを意地でも維持したい。
で、なけれぱリタイア間違いなし。
橋の端っこは、
けっこう平だ!
端っこランだ。
坂東太郎くん。
でも、うねるよなぁ。
なんとか渡り終えたよ。
坂東太郎くん。
タポタポお腹にも身体が水分を補給してくれとおねだりしている。
あーゲップ。
平らな道路だ。
あと少しでゴールだ。
おっ、おっ、
ゴールだ。
よしっ!
曲がるのかよ。
まだいくのかよお。
ここで、最終こころ折れ地点。
ほんとのゴール近し。
競技場の入り口に入った。
嬉しさのあまり、
100メートル
猛ダッシュでゴール。
走れんじゃん?
ありえないほど、
日に焼けました。
なぜ?
日焼けで首とか痛いです。
筋肉痛がないのはなぜなんだろう。
また、来年参加します。
なぜなら、
いつもとほぼ変わらないタイムで
完走したことで自信がつきました。
また、きっと走力もあがります。
なにより、いい意味で、
心境の変化があると考えます。
 
 

ご予約・お問い合わせは、
こちらまで。↓↓
足圧インフォメーション
TEL : 0120-662-588
email:goefoot@gmail.com
足による足で踏みほぐすマッサージ
東京
目黒 ・ 南青山・ 恵比寿 ・ 中目黒 ・ 渋谷・表参道・ 五反田 ・上大崎・広尾・白金・品川・大崎・武蔵小山・不動前近くの 
足圧宗家