冬こそ要注意!?隠れ脱水!


こんにちは、目黒整体です
 
夏は暑さで非常にのどが渇きます。汗も大量に出るので、水分補給はとても重要だとされています。
ところが、12月、1月と冬に入ってくると、体が冷えやすくなり、水分も暑い時期に比べるとほとんど欲しいと感じなくなってしまいます。
これはある意味自然なことかもしれませんが、実は冬の時期でも知らず知らずに脱水症状に陥ってしまう「隠れ脱水」のリスクが潜んでいるのです。
 
冬に隠れ脱水を招きやすい要因は、冬場に欠かせないエアコン暖房の存在です。
冬の空気は、1年の中で一段と乾燥していますが、それに加えて、私たちは室内を暖めるためにエアコン暖房を使用します。この空調の乾燥力が相当に強力で、洗濯物を部屋で干していた場合、エアコンを付けていた時と、付けていない時では、その乾き具合が全く違ってきます。
 
洗濯物がすぐに乾くというのはありがたいことですが、急速に乾燥するというのは、実は、室内にいる人間にとっても同じことです。
エアコンが十分に効いた室内に長くいると、肌をはじめ体全体がどんどん乾燥してしまい、洗濯物同様、人も干からびた状態になってしまいます。
 
こうして、自分自身余りのども渇いておらず、水が飲みたいという自覚がないにも関わらず、身体が脱水症状になっていきます。これが冬期でも要注意な「かくれ脱水」です。
汗はかいていなくても、空調によって皮膚や体内の水分は徐々に奪われていきます。脱水症状が起きると、血流が滞り、動脈硬化の悪化や意識障害などを招く危険があります。「のどは全然渇いてないから水分は足りているはず。」と決めつけずに、冬場でも適度な水分補給は忘れずに行うようにしましょう。
 
 
東京目黒
足圧の本家本元
足圧宗家
TEL:0120-662-588
 
 

ご予約・お問い合わせは、

こちらまで。↓↓

足圧インフォメーション

TEL : 0120-662-588

email:goefoot@gmail.com

足による足で踏みほぐすマッサージ

東京

目黒 ・ 南青山・ 恵比寿 ・ 中目黒 ・ 渋谷・表参道・ 五反田 ・上大崎・広尾・白金・品川・大崎・武蔵小山・不動前近くの 

足圧宗家