呼吸で横隔膜が使えてない?

こんにちは、目黒整体です。
 
日頃から、運動不足や、姿勢の悪い状態が続いていると、だんだん身体の動きが悪くなっていきますが、同様にうまくいかなくなっていくのが呼吸です。
呼吸の際、胸郭が自然に膨らんで十分な量の空気が肺に入っていきますが、肺の周りの胸郭や胸郭の動きに関与する呼吸筋が順調に機能しないと、肺に取り込まれる空気の量が少なくなってしまいます。
こうした状態が日常的になってしまうと、呼吸が浅くなったり、十分な量の空気を取り込めていないということから、疲れやすくなったりと、体のコンディションに悪影響が出てきます。
 
そしてこの胸郭の拡大縮小に大きな影響を及ぼす呼吸筋が、横隔膜です。「膜」とついていますが、膜状になった筋肉のことです。肺それ自体は自ら動くことができないので、横隔膜をはじめとした呼吸筋がきちんと働くことで胸郭の大きさが変わり、肺に必要量の空気が吸い込まれていくことになるのです。
 
ですから、深呼吸を行うというのは、体のリラックス効果としても、呼吸筋の状態を整えるという意味でも大切な役割があるのですが、せっかく深呼吸を行うのであれば、しっかりと横隔膜をはじめとした呼吸筋に効かせることができるように実践したいところですね。
 
普段、呼吸が浅くなってしまっている人は特に注意した方がいいのですが、深呼吸でたくさん空気を吸い込みたいからといって、口先だけで必死に吸い込んでも、横隔膜以下の呼吸筋がほとんど動かず、建前だけの深呼吸になってしまいます。
 
呼吸筋のストレッチも兼ねた効果的な深呼吸を行うためには、空気を吸いながら、胸郭も十分に広がっていっていることを自身の感覚で確認しながら行うといいです。胸郭の骨組みである肋骨が吸気に応じて十分に広がっていくことを確認できれば、きちんと横隔膜をはたらかせながら、空気を吸いこめているということになります。
 
さらに、もともと肩こりや背中のこりが強すぎると、横隔膜を働かせる深呼吸を試みても、胸郭が思うように動いてくれないというケースも出てきます。そうした際は、肩や背中のこりをしっかりほぐしていくということも必要になります。
当院オリジナルの足圧は、背中や肩のこりを効率よくほぐしていくには最適な施術です。普段から呼吸が浅い自覚があったり、呼吸筋のストレッチがなかなかうまくいかないという方には、ぜひお試しいただきたい施術です。
 
 
 
東京目黒
足圧の本家本元
足圧宗家
TEL:0120-662-588

ご予約・お問い合わせは、
こちらまで。↓↓
足圧インフォメーション
TEL : 0120-662-588
email:goefoot@gmail.com
足による足で踏みほぐすマッサージ
東京
目黒 ・ 南青山・ 恵比寿 ・ 中目黒 ・ 渋谷・表参道・ 五反田 ・上大崎・広尾・白金・品川・大崎・武蔵小山・不動前近くの 
足圧宗家