ランナーに多い足のトラブル:種子骨炎


こんにちは、目黒整体です。
 
第2回目黒シティランが近付いてきているこの機会に、ランナーに多い足のトラブルを紹介しています。
今回は種子骨炎です。
 
種子骨炎は、字の通り種子骨の炎症です。種子骨とは、親指の中足骨に付いている、丸い種のような形状をした2つの骨のことを指します。
足裏、親指の筋肉や腱が円滑に機能するようその補助を担う骨です。
 
 
種子骨の位置する親指の付け根付近を繰り返し衝撃が加わったり、足裏が固まり、緊張した足底筋膜により種子骨が強い牽引を受けたりすると、種子骨に痛みや炎症が起きます。
ランニングのように、親指の付け根付近に衝撃が繰り返されるケースや、強い踏み込みを要求されるスポーツ、ハイヒールの長時間使用で、親指の付け根付近に負担が蓄積するケースなど、種子骨炎の原因となりやすいです。
 
種子骨炎を改善するには、種子骨になるべく負担がかからないようにするのが一番なので、可能であれば、種子骨にストレスを生んでいるであろうスポーツや運動を一時中止して、足を安静に保つことが重要です。
スニーカーなどのなるべくクッション性に優れた靴を履いて生活できると尚良いでしょう。
また、種子骨の周りの筋肉や腱が固いと、その分だけ種子骨にかかる負荷が増加し、痛みも発生しやすくなります。
 
足裏もしくはふくらはぎの筋肉をよくほぐすことで、種子骨へ伝達される負担を軽減することにつながります。ふくらはぎの一部の筋肉も、くるぶし付近を通って、親指の付け根の中足骨まで伸びているので、ふくらはぎの固さを解消することは、種子骨の状態にとってもプラスに働くということです。
 
当院の、足裏整体として好評な足踏みや、脚しぼりは、足裏やふくらはぎの筋肉を効率よくほぐすのに、おススメの施術です。種子骨炎の痛みの改善や、その再発防止のケアとして、ぜひご利用いただきたいと思います。
 

 

 
東京目黒
足圧の本家本元
足圧宗家/良知整骨治療院
TEL:0120-662-588


ご予約・お問い合わせは、
こちらまで。↓↓
足圧インフォメーション
TEL : 0120-662-588
email:goefoot@gmail.com
足による足で踏みほぐすマッサージ
東京
目黒 ・ 南青山・ 恵比寿 ・ 中目黒 ・ 渋谷・表参道・ 五反田 ・上大崎・広尾・白金・品川・大崎・武蔵小山・不動前近くの 
足圧宗家