寒さ染み渡る大田原で初マラソン!

この度、足圧宗家、良知善治朗先生が激務と睡眠不足が続き、十分な準備ができていない中、患者様に背中を押され、途中棄権も視野に初の42.195キロ、フルマラソンに挑戦しました!
 
那須塩原駅より車で20分ほど、会場の美原陸上競技場へ向かいます。
オリジナル用のドリンクは、前もって希望の給水地点の受付に、提出しなければなりません。
給水ポイントには、他の選手のドリンクもたくさん置いてあります。なるべく分かりやすいように、こういうデザインになりました。
かなり参加者数が多く、スタート前にはエンドレスにこの行列です。
(赤枠内が全て行列)
スタート直後、まだ体力気力ともに十分、皆、フルマラソンを走るとは思えないようなハイペースで走り抜けていきます。
公園脇の直線道路、スタートまもなく、ランナーはまだまだ散らばっておらず、善治朗先生の姿を探すも見つかりません。

善治朗先生は、20キロ程度まで、順調なペースで進めていましたが、30キロ過ぎより、脱水症状によるふら付き、転倒などの、体調のアクシデントに襲われ、持続を危ぶまれながらも、残りは執念で初フルマラソンを走り切りました!
 
この日は、冷え切った風が猛烈に吹き荒れ、外に出るのが苦痛になるほどの、厳しい天候。ランナーにとって相当に過酷な環境であったと思われます。特に、後半からは、完全に向かい風となり、その強風と寒さも相まって、ランナーにとってはかなりの消耗となったことでしょう。
 
ちなみに、この大田原マラソンは、今回で29回目を向かえ、けっこう歴史のある大会です。そして、何よりの特色は、制限時間がわずか4時間という、短いタイムリミットです。そのためか、ランナーの中でも猛者たちが集まる大会と、巷では評判になっています。実際に、3時間程度で戻ってきたランナーたちは、この過酷な条件にも関わらず、どこか余裕を感じさせる雰囲気で、相当に走り込みを行っている様子が窺えました。

さらに、明らかに70歳を超えているであろう男女のランナーも、見事にフルマラソンを走り切っていて、その健脚っぷりは本当に驚きでした。
そして、フラフラになっても最後のゴール地点に入ってくるランナーには、知人であるなし関係なく、皆で声を掛け合い、それぞれが自身の目標を目指して、邁進する姿は本当に胸を打つものがありました。

足圧師 城


○「本物の足圧」を名乗れるのは、
足圧の本家本元、
足圧宗家だけです。

ご予約・お問い合わせは、
こちらまで。↓↓
足圧インフォメーション
TEL : 0120-662-588
email:goefoot@gmail.com
足による足で踏みほぐすマッサージ
東京
目黒 ・ 南青山・ 恵比寿 ・ 中目黒 ・ 渋谷・表参道・ 五反田 ・上大崎・広尾・白金・品川・大崎・武蔵小山・不動前近くの 
足圧宗家