健康維持:「血流力」を高めよう

血流力を高めましょう
 血液は猛スピードで全身を循環しながら、生命の維持に関わる大切な仕事をしています。その血液の力は血液の(質)と(流れ)できまります。スムーズに流れる質の良い健康な"血流力"こそ、体内ライフラインの根幹。
しかし、ストレスの影響や生活習慣の内容で"血流力"は良くも悪くも変わります。時間に追われる忙しい毎日の生活では、"血流力"の重要性を意識しても、自分自身ではなかなかコントロールできません。そこで、"血流力"を常に高めておくためには"足圧技"の施術をお勧めします。
 
〇血流力が低い
ドロドロ血液、血液中に糖や脂質が増え過ぎて、ベタつき、流れが悪い状態。
 
〇血流力が高い
サラサラ血液、血液中に糖や脂質が増えすぎず、適切な酸素や栄養の運搬ができている状態。
血液は健康で美しい身体のベース
 私たちの体重の約8%は血液。例えば体重50kgの人は約4kgの血液が、わずか50~60秒で体内を循環しています。その血液が、質の良い状態でサラサラと流れていれば、全身に酸素や栄養がスムーズに届けられ、二酸化酸素や老廃物の回収もはかどります。しかし、血液の質が悪くドロドロの状態では血液の流れも停滞。血流力が高いか低いかで、全身の細胞の新陳代謝に大きな違いが表れてくるのは言うまでもありません。
 また、血液には、"全身に熱を巡らせる""様々なホルモンを必要なところに届ける""ウイルスや細菌を撃退する免疫細胞を運ぶ""血管の傷を修復する"などの重要な役割があります。
 さらに、体の中で酸素とブドウ糖などを一番多く消費している脳の健康を支えているのも、もちろん"血流力"そして"血流力"が高いと、肌や髪のツヤも良くなり、スムーズに流れる血液は血管壁にも負担をかけないので、血管の老化防止にもつながります。 
若々しさも健康も美しさも、私たちの体は"血流力"コントロールされていると言っても過言ではありません。血液の状態は目には見えませんが、"血流力"が低下すると、その影響は下記のような心身の症状となって表れてきます。
めぐりを良くして温かい体
"血流力"を高めるには、"足圧技"で血のめぐりを良くしておくことが大切です。特に春先の三寒四温のこの時期は、血流が悪くなり、手足が冷えたり、背中が痛くなったりしがち。また、肌や髪に大切な栄養が行き届かなくなる心配もあります。
 「冷たい」「痛い」は、体からの"SOS"寒いと「指先やつま先が冷たくて眠れない」という方が多いのではないしょうか?また、「背中や肩、首が痛い」という方もいらっしゃるかもしれません。特に座っている時間が長い人や、体を動かす機会が少ない人ほど、末端に血液がたまりすく、全身のめぐりが悪くなって背中や肩がこりががちです。その「冷え」「痛み」は、血のめぐりが悪くなり、疲労物質や老廃物がたまっているという体からの"SOS"。肌や髪の状態にも影響を及ぼします。寒い季節ほど、意識的に体をケアする時間をもちましょう。 
"足圧技"の施術を定期的に受けることで、全身に血液が行き渡り、"血流力"に変化が表れて、体も心も温まりらくになります。めぐりのいい温かい体で、常に"高血流力"の状態を維持して、元気はつらつと過ごしましょう。
「血流力」を高める食生活

◎食事次第で「血流力」は変わる
血流力に最も影響を与えるのは食生活です。何をどう食べるかで、血液はドロドロになったりサラサラになったりし、流れのスムーズさも変わります。食事の内容次第で、約2週間程度でも、血液の質の良し悪しに変化が表れるとされています。
そこでドロドロ血液にしないために多くの方がまず、卵やレバーなどのコレステロールを多く含む食品を控えようと試みるようですが、食事でコレステロールを多く摂れば血中コレステロール値が高くなるという単純な変化が起こるわけではありません。
むしろ気を付けたいのは、糖質の摂り過ぎ。なぜなら、血液中に余った糖は中性脂肪に変わり、その中性脂肪が分解されてコレステロールが生み出さるからです。
コレステロールにはLDLとHDLがあり、中性脂肪が多すぎると、余分なコレステロールを回収するHDLが減り、LDLが血液中に増えてくることが分かっています。
これらの糖や中性脂肪やLDLコレステロールが血中に多い状態が、ドロドロ血液です。このような血液の状態で過ごしていると、増加したLDLコレステロールが体内を循環しているうちに酸化して超悪玉化。それらが血管壁にたまりやすくなり、動脈硬化が進み、深刻な病気につながる怖れがあります。
 
◎血流力を高める食品・栄養素
基本は栄養バランスのいい食事を規則正しく行うこと。加えて、「糖質を摂り過ぎない」ことが大切です。動物性タンパク質や脂質も、血液には大切な栄養素になるので、肉も魚も偏らずに食べましょう。野菜などに含まれるビタミン・ミネラル・食物繊維も質の良い血液のためには欠かせません。
また、青魚のサラサラ成分・DHAとEPAは、血液の流れを良くし中性脂肪を減らす働きがあり、血流力を高めるためには、意識してこれらの摂取を心がけると良いでしょう。
もう一つ、忘れてはならないのが活性酸素の悪影響。体内で増えすぎると、ドロドロ血液が進行します。緑黄色野菜のビタミンA・C・Eやポリフェノール等の抗酸化成分を食卓に取り入れ、体内の抗酸化力を高めましょう。なおDHA・EPAは酸化に弱いので、抗酸化成分と一緒に摂るのがより好ましいです。
 

ご予約・お問い合わせは、

こちらまで。↓↓

足圧インフォメーション

TEL : 0120-662-588

email:goefoot@gmail.com

足による足で踏みほぐすマッサージ

東京

目黒 ・ 南青山・ 恵比寿 ・ 中目黒 ・ 渋谷・表参道・ 五反田 ・上大崎・広尾・白金・品川・大崎・武蔵小山・不動前近くの 

足圧宗家