「朝活 東京」目黒で健康になる方法!(早朝・夜間受付)

早朝・深夜の施術受付(朝活・夜活)は2016年2月を持って終了しました⇒施術時間はこちら

 
東京の目黒で朝活しましょう
 
【常識破りの早朝受付!】
 
東京都内で 
朝一番早くから受付!!!
早朝6:50から受け付けしています。
 
 
目黒足圧宗家(足圧の本家本元)で、
足圧技(足圧)・指圧・リンパマッサージ・整体・整骨
早朝受け付け時間・深夜受け付け時間 

<平日>
早朝6:50~夜10:00まで施術受け付け致します。
曜日は、朝9:30~夜8:00まで受け付け致します。)

 
<土曜日・日曜日・祝祭日>
早朝6:50~夕方5:00まで受け付け致します。

「目黒 朝活」タイム
 
こんな人におススメです!
(シルバー世代や、朝活での健康を実践する方、朝しか時間を作れない方。)
早朝6:50~朝11:00までは、城先生が施術担当!
※朝活(7:00~11:00)は健康リフレッシュ・疲労回復の方が対象となります。
 

綾「目黒 夜活」タイム
 
こんな人におススメです!
(仕事などで、どうしても夜8時以降でないと、お越しになれない方。)
夜間、夜8:00~夜10:00までは、江上先生が施術担当!
                       善治朗先生も担当!
 

 
早朝タイムは、皆様のご意見に反映して、試験的に実施致します。
水木以外の毎日、朝6:50~早朝受付致します。

「目黒 朝活」リフレッシュ 30% Off
10分 1,000円→700円
(ご利用の際、朝活割引とお申し出ください)
 
10分単位の延長も可能です!
おススメは、人気No.1の30分コースです!
是非ご利用ください。
 
 
朝活は、
城が担当させていただきます。
 
ご予約、お問い合わせはこちらから
足圧インフォメーション
TEL:0120-662-588
 
◆朝活足圧技(足圧)が、なぜからだにいいのか?
【朝活 東京】
 朝活 目黒 白金 恵比寿 五反田 南青山 表参道

始業前朝の時間を、勉強趣味などの活動に当てるのもいいですね!でも、健康に気を遣うのが一番大切ですね!
なぜなら、朝は身体が重くてだるいのです!
身体がだるいと布団から出ることができません。
身体が重だるいというのは、寝不足の時もありますが、
ほとんどは疲れがとれていないのです。
朝気持ちよく起きて、ゆったりお茶しながら過ごす…憧れですよね。
疲労回復のメカニズムをよく知れば、効果的な回復方法が見えてきます。
とれない疲れ、つまり疲労にはどんな種類があるのでしょうか?
疲労には、肉体的疲労、精神的疲労、神経的疲労の3つに大きく分けることができます。

肉体的疲労の主な原因は、筋肉を動かすためのエネルギーの不足と、疲労物質(乳酸)蓄積。ガソリンが切れた車が動かないのと同じように、筋肉エネルギー不足の状態では力を発揮することができません。また、糖質分解されてエネルギーとなるときにできるのが乳酸。筋肉酸性に弱いため、乳酸が多く蓄積されると十分に働けなくなります。それが疲れやだるさ、筋肉の張りとなってあらわれます。
また、同じ姿勢を続けるなど、一部の筋肉緊張を続けていれば、そこに乳酸がたまり、確実に筋肉の働きは悪くなります。さらに、筋肉は適度に動かさないと萎縮し、どんどん弱くなっていきます。動かないことが、もっと疲れやすい身体を作ってしまうのです。

精神的疲労は、人間関係や悩み事などのストレス原因とする心の疲れです。

神経的疲労は、デスクワークなどで視神経や脳が緊張した状態が続くことによって起こる、頭の疲れです。
これら3つの疲労は、互いに密接に関係しており、放っておくとさらにしつこい疲労へとつながります。
たとえば、緊張している間は、交感神経の働きにより内臓筋肉が働き続けているため、身体へも疲れがたまっていきます。
また、身体や脳の疲れは自律神経バランスを乱し、精神状態にも影響を与えます。
疲れはこじれる前に、すっきり解消しておくことが大切ですね。
睡眠によって、身体の疲れをとるのですが、
慢性的に疲労が溜まっていると完全にとれないのです。

では、どうすればいいのかとうと、
そのためには、
ズバリ!「朝活足圧技整体リンパマッサージ」おすすめします!

足圧技師(足圧師・足技師)による足圧技(足圧)足圧技波動螺旋エネルギーで、ふくらはぎや足の裏・手足及び、全身骨・筋肉・関節・筋膜などに、アプローチをして、手足の血液を心臓に戻し、新鮮な血液を再度末端に送り込むことで全身の血行がいっきに良くなり、肝臓機能アップするのです。
肝臓の機能アップできると、身体の疲れはとれていきます。
なぜなら、肝臓は、疲れの原因であるアンモニア分解して排出するからです。
身体からアンモニア排出することができれば、身体が疲れにくくなるのです。
疲れがとれると、身体が重くなることも、だるくなることもありません。
良質な睡眠を手に入れて、目覚めスッキリ
朝の便秘や、顔や足のむくみ、疲れ、手足の冷え解消効果が期待できます。

また、足圧技(足圧)の施術により、気持ちよいと感じる時に「ドーパミン」分泌されます。ドーパミンが分泌されると、脳内のあらゆるホルモン活動性を低下させるコルチゾルの分泌を防ぎ、脳神経細胞が活性化されて、やる気がおこります。
元気になれば、心の疲れと頭の疲れ解消効果が期待できます。

つまり、早朝に、足圧技(足圧)朝活施術をおこなうことで、1日をスムーズに過ごすだけでなく、人生そのものをイキイキさせることができますよ!
明日の朝は、早起きして、
効果的な「積極的足圧技疲労回復の日」にしてみませんか? 

目指せ、健康サイクル!

一日を終えて疲れる→慢性的に(就寝時寝つきが悪い、眠りが浅い、眠れない)→起床時蓄積した疲れが取れない→「朝活足圧技整体リンパマッサージ」→スッキリとした一日が始まる!

 
※初回会員登録になります。身分証明書の提示が必要です。
(目視させていただきますが、コピーなどは致しません。) 
 
◆夜活足圧技(足圧)がなぜからだにいいのか?
 
【夜活 東京】
 
 夜活 目黒 白金 恵比寿 五反田 南青山 表参道

仕事などが原因の、
慢性的な腰痛・首肩こり・ストレス解消はもちろんのこと、
今日の疲れは今日のうちにとりたいものです。
また、溜まった疲れも、
ぐっすり眠って、一度リセットしてみたいですね。
それには、良質な睡眠が一番大切ですね!
なぜなら、睡眠健康のためにたいへん重要だからです!
睡眠には、心身疲労回復免疫機能強化したり、記憶定着させる役割があるのです。
健やかな睡眠を保ち、活動制限させて身体休めることで、身体のダメージは修復されて、元の元気な状態に戻り、活力のある日常生活につながります。
しかし、夜の睡眠阻害されると、眠気だるさ集中力の低下など日中疲れの症状が出現します。それが重なると、とれない疲れやこじれた疲れになり、さらに、眠りの状態悪くなって、体内リズムに大きな影響を与えます。
 
自覚症状として
・睡眠時間は十分とっているのに、疲れが取れない!
・眠りが浅く、夜中に何度も目が覚める!
・疲れているはずなのに、なかなか眠れない!
・急に不安な気持ちに襲われて、イライラして目が冴える!
・動悸と胸の圧迫感で苦しくなり、不安で眠れない!
・過眠!(日中眠くてしかたない、居眠りをして注意をされる)
・就寝時の異常感覚!(脚がむずむずしたり火照ったり、脚をじっとさせていられないためによく眠れない)

など、治療はしているけど、症状が改善しないとか、
どこに相談していいのかわからない。
と、そんな声をよく聞きます。
さて、疲労について、先に、肉体的疲労精神的疲労神経的疲労の3つに大きく分けることができると説明しただけでなく、→※睡眠障害酷くなると、免疫力が落ち普段は悪さをしないウィルスが悪さを始めます。たとえば、慢性疲労性症候群も、ウィルス影響しているといわれています。たかが睡眠不足、たかが疲れと甘くみていると、それはやがて、深刻な不眠症や、心身症自律神経失調症などの病気につながるだけでなく、最悪な場合は、過労死につながってしまうこともあるのです!
では、どうすればいいのかとうと、
そのためには、
ズバリ!「夜活足圧技整体リンパマッサージ」おすすめします!
手足圧技(足圧)足圧技波動螺旋エネルギーで、ふくらはぎ足の裏手足及び、全身骨・筋肉・関節筋膜などに、アプローチをして、手足血液心臓に戻し、新鮮血液を再度末端に送り込むことで全身血行がいっきに良くなり、肝臓機能アップします。
 
肝臓の機能アップできると、身体の疲れとれていくのです。
なぜなら、肝臓は、疲れの原因であるアンモニア分解して排出するからです。
身体からアンモニア排出することができれば、身体疲れにくくなるのです。 
疲れがとれると、睡眠阻害されることも、身体重くなることも、だるくなることもありません。 
良質な睡眠を手に入れて、ぐっすり眠って目覚めもスッキリ。
朝の便秘や、足のむくみ疲れ手足の冷え解消効果が期待できます。
また、足圧技(足圧)の施術により、気持ちよいと感じる時に「ドーパミン」分泌されます。ドーパミン分泌されると、内のあらゆるホルモン活動性を低下させるコルチゾル分泌を防ぎ、脳神経細胞が活性化されて、やる気がおこります。
元気になれば、心の疲れ頭の疲れ解消効果が期待できます。つまり、間に、足圧技(足圧)夜活施術をおこなうことで、良質な睡眠を得て、を迎えるだけでなく、毎日人生そのものをイキイキさせることができますよ! 
 
今日の夜は、仕事を終えて、仲間と楽しくお酒を呑みに行くのを控えて、効果的な「積極的足圧技睡眠回復の日」にしてみませんか? 

目指せ、健康サイクル! 
 
「今日活動する→一日を終えて疲れる→就寝時自然に眠くなる→ぐっすり眠れる→起床時疲れが解消→再び今日活動ができる

※初回会員登録になります。身分証明書の提示が必要です。
(目視させていただきますが、コピーなどは致しません。) 


東洋医学的な不眠のタイプをチェック!
 
□仕事や私生活でストレスを感じる・イライラしやすい・めまい・頭痛もある。
◇夢を多く見る・動悸がある・疲れやすい・不安症である。
■眠りが浅い・夢を多く見る・胸苦しさ・胃のつかえを感じる。
 
□の項目で、2つ当てはまったあなたは、
気滞タイプ!
イライラやストレスによって、身体の流れが滞っている状態です。
・滞った流れをスムーズにすることで改善できます。
 
◇の項目で、2つ当てはまったあなたは、
 
心血不足タイプ!
 
心と身体の栄養が足りていない状態です。長引く思い悩みによっても悪化します。
 
・血の生成を促し、心身を栄養する事で改善できます。
 
 
■の項目で、2つ当てはまったあなたは、
 
 
胃熱タイプ!
 
暴飲飲食や乱れた食生活のより、胃に熱が籠って起こるタイプです。
 
・胃の気を調和し、熱を取る事で改善出来ます。
 
 
当てはまるタイプがありましたか?
「そうなのかも」
と思ったら、
さあ、身体を中から整えて、
不眠で悩まない自分になりましょう!
 

 
 
自分でできる効率的に疲れを取る! 5つのポイント!
 
自ら能動的に疲労を回復するには、姿勢、休養、睡眠、運動、食事の、5つの方向からアプローチしていく必要があります。それぞれ、疲労回復につなげるちょっとしたコツを知れば、すぐに実践できるものばかり。

今度の休日は、ゴロ寝するより効果的「積極的疲労回復の日」にしてみませんか?
 
 
ポイント1─姿勢
デスクワークや家事などで長い時間同じ姿勢を続けていると、一部の筋肉が緊張し、そこに乳酸がたまってきます。さらに動かさない筋肉は血行が悪く、乳酸が流れ出にくいため、なかなか疲れが取れません。筋肉に負担をかけすぎないようにするには、正しい姿勢を心がけましょう。

ポイント2─休養
ゴロゴロ横になっているだけが休養ではありません。心と身体をリフレッシュする時間を持つことが大切です。

お風呂は浮力・水圧・水温の働きで筋肉を緩ませ、血液循環をよくします。この時、体内の老廃物を排出させるとともに、神経の緊張も心地よくほぐしてくれます。

ぬるめのお風呂にのんびり入って、リラックスしましょう。このとき、お風呂の中で、疲れている部分をマッサージするとより効果的です。

ポイント3─睡眠
睡眠は脳や身体を休めるとともに、成長ホルモンが分泌されて細胞が活発になったり、食べ物が消化吸収されて栄養が蓄えられます。

明日の活力になるエネルギーが作られる、大切な時間なのです。

眠りには身体を休めるレム睡眠(浅い睡眠)と、脳を休めるノンレム睡眠(深い眠り)があります。レム睡眠とノンレム睡眠は90分でワンセットの周期を繰り返しているので、6時間か7時間半くらいの睡眠で起きるようにすると、すっきり目覚めることができます。

心地よい眠りが得られるよう、寝室の照明や枕の高さを工夫してみましょう。

ポイント4─運動
筋肉にたまった乳酸は、適度に体を動かすことでよりスムーズに排出されます。
疲れたからとゴロゴロ動かないでいると、乳酸の排出が遅れ、なかなか疲れが取れません。

<散歩のすすめ>
適度な運動は、筋肉や内臓の働きを活発にし、血液の循環を良くするうえ、疲れにくい元気な身体を作ることにも役立ちます。

また、自然の中をのんびり散歩することは、心のリフレッシュにも最適。自分のペースで楽しみましょう。

ポイント5─食事
1.1日3食、とくに朝食・昼食をしっかり食べる
朝食や昼食を軽くすませるのが習慣になると、ミネラルやビタミン類などの微量栄養素が不足しがちになります。 また、夕食をたくさんとると睡眠中に胃腸が休まらず、翌朝まで負担がかかります。

2.時間をかけて、よくかんで食べる 
食べ物の消化吸収は、ゆっくりくつろいだ状態のときに、よりスムーズに行われます。早食いであったり、よくかまないで食べると、消化不良をおこし、胃腸が疲れてしまいます。

3.ビタミンB1・B2をとる
ビタミンB1が不足すると、糖質の代謝がうまくいかず、乳酸が体内に蓄積されやすくなるため、だるい・疲れやすいなどの症状がおこります。また、ビタミンB2もタンパク質や、脂質・糖質の代謝に関与する重要な栄養素です。不足すると口内炎などができやすくなります。
 ビタミンB1を多く含む食品 豚肉、レバー、胚芽米、枝豆、きのこ類など…
 ビタミンB2を多く含む食品 レバー、さば、ししゃも、納豆、小松菜など…

4.カルシウム、鉄をとる
カルシウムは骨を丈夫にする他に、筋肉をスムーズに動かす働きがあります。また、鉄は体内の酸素を各細胞に運ぶ役目があるため、不足すると運動能力が低下し、疲れやすくなります。
 ・カルシウムを多く含む食品  牛乳、乳製品、小松菜、大豆、大豆製品、小魚など…
 ・鉄を多く含む食品  レバー、あさり、大豆、大豆製品、ひじきなど…

5.食欲のないときは、 消化しやすい食品を効果的に使う
オクラ、山芋、モロヘイヤなどはタンパク質の分解を助け、消化吸収を高める作用があります。また、しょうが、みょうが、しそ、ごまの風味、柑橘類や梅干しの酸味などで味にメリハリをつけ、食欲を増進させるのもよいでしょう。

6.アルコール、タバコは控えめに
アルコールを大量にとると、その分解のため肝臓が余計に働くので、疲れやすくなります。  タバコを吸う方は、吸わない方よりも、体内のビタミンやミネラル類をこわしやすいので、食事でより多くとる必要があります。 

 
朝活 東京!
「目黒 朝活」での、お問い合わせや、
「目黒 整体 早朝 受付」 「目黒 整骨 早朝 受付」
などのご予約は、こちらにお電話ください
 
         
    
足圧インフォメーション
TEL 0120‐662‐588
 
東京
目黒・南青山・恵比寿・中目黒・渋谷・表参道・五反田・上大崎・広尾・白金・品川・大崎・不動前から近くの
足圧宗家

 

ご予約・お問い合わせは、

こちらまで。↓↓

足圧インフォメーション

TEL : 0120-662-588

email:goefoot@gmail.com

足による足で踏みほぐすマッサージ

東京

目黒 ・ 南青山・ 恵比寿 ・ 中目黒 ・ 渋谷・表参道・ 五反田 ・上大崎・広尾・白金・品川・大崎・武蔵小山・不動前近くの 

足圧宗家