足圧療法は肩の‟M4”を支える

肩が痛くなる前に、肩と腕ががまわらなくなる前に!

“肩から腕を波動法で踏む”


足圧療法 肝魂

踏めば機能維持になる

肩が痛くなる前に、肩と腕ががまわらなくなる前に!

“肩から腕を波動法で踏む”


足圧療法 肝魂


ローテターカフ(回旋筋腱板)は、肩関節の安定性と動きを支える重要な筋肉群です。

以下にその概要を説明します。


ローテターカフとは


ローテターカフは、肩甲骨から上腕骨へと続く4つの筋肉から構成されています。これらの筋肉は、肩関節を袖口のように囲んでおり、肩の動きをスムーズにし、安定させる役割を果たしています。


構成筋肉


棘上筋(Supraspinatus): 肩関節の屈曲、外転、内旋、肩甲骨の下方回旋に作用します。

棘下筋(Infraspinatus): 主に肩関節の外転に作用し、特に外転45°から90°以上で強く作用します。

小円筋(Teres minor): 肩関節の外旋に作用し、棘下筋と協力して肩関節後方の動的安定性に関与します。

肩甲下筋(Subscapularis): 肩関節の内旋に作用し、上肢挙上初期の屈曲、外転、内旋、肩甲骨の下方回旋に関与します。


役割


ローテターカフは、肩関節の安定性を保ちながら、上腕骨を自由に回旋させることができます。また、肩関節の動きを制御し、関節窩に上腕骨頭をしっかりと保持することで、肩の広範囲の可動域を実現しています。


臨床的重要性


ローテターカフは損傷を受けやすい部位であり、特に棘上筋は肩関節障害の原因となることが多いです。

足圧宗家の足圧道場においては、これらの知識を基に予防計画が立てられます。

適切な足圧療法のCoreEnergy波動法により、これらの筋肉の血行促進してを柔軟に強化し、肩関節の故障を予防することが重要です。

ローテターカフの健康は、日常生活やスポーツ活動において、肩の機能を維持するために不可欠です。

もし、具体的な足圧療法のCoreEnergy波動法に関する質問があれば、お気軽にご相談ください。


ラッチー

ご予約・お問い合わせ

web予約はこちら!24時間受付中

足圧インフォメーション
TEL : 0120-662-588
email:goefoot@gmail.com
足による足で踏みほぐすマッサージ(アシアツ®)
東京
目黒 ・ 南青山・ 恵比寿 ・ 中目黒 ・ 渋谷・表参道・ 五反田 ・上大崎・広尾・白金・品川・大崎・武蔵小山・不動前近くの 
足圧宗家