次世代メダカまでわずか2カ月…!

先日、生後約1ヶ月半でメダカの稚魚が産卵を始めたと紹介しましたが、とうとうその中の一つが孵り、メダカの赤ちゃん(針子)が誕生しました。

産卵した母メダカが生まれて、ちょうど2カ月後、わずか60日の日数を経て、次世代の生命が生まれました。

針子を発見した日は、いつも通り、午前中メダカに餌を与えていたのですが、水面でエサに食いつく稚魚達を見ている際、ふと、水槽の角にひっそり浮いている透明の物体が目に留まりました。


改めて針子を見ると、非常に小さく、生後2カ月も経っているメダカであれば、余裕で生き餌としてパックリ食べてしまいます。

確実に針子を守りたいのであれば、卵の状態から別水槽に分けておくことが望ましいです。

ちなみに、卵であっても、メダカの稚魚達は食料として認識し、もぐもぐ口に頬張ってしまいます。

とにかく、メダカ達にとっては、自分たちの卵だろうと、針子だろうと、空腹を満たす栄養分に過ぎません。メダカの繁殖を目的としている場合は、早めに卵を隔離するのがおススメです。



東京目黒

本物の足圧整体

足圧宗家

TEL:0120‐662‐588

ご予約・お問い合わせは、
こちらまで。↓↓
足圧インフォメーション
TEL : 0120-662-588
email:goefoot@gmail.com
足による足で踏みほぐすマッサージ
東京
目黒 ・ 南青山・ 恵比寿 ・ 中目黒 ・ 渋谷・表参道・ 五反田 ・上大崎・広尾・白金・品川・大崎・武蔵小山・不動前近くの 
足圧宗家