「梅雨ダル」「梅雨だる」即効解消!キャンペーン

当キャンペーンは終了しました。ご利用ありがとうございました。
キャンペーン!
 初回 30% OFF!
 「梅雨ダル」「梅雨だる」即効解消法!
 
 
晴天の日は、気持ちがよくて気分も晴れやか。
雨が降ると気分も落ち込み、どんより憂鬱になる。
それには、理由があるんです。
「気のせい」でも「何となく」でもないのです!   
天候が悪くなると、体調も悪くなるって知っていますか? 
 
ただ、「ダルい!」だけではない、 
 
「梅雨ダル」「梅雨だる」の症状と原因は?  
 
「気温と湿度と気圧の関係」? 

  その対処法! 

 
今年も、ジメジメとした梅雨の到来で、やる気が出ずにダラダラしたり、気分が沈みがちになる人は少なくありません。
時には、心や身体の調子を崩してしまったりします。
実はこれ、
気温」「湿度」「気圧」と「自律神経」に深い関わりがあるんです。
そこで今回は、
梅雨の時期のダルさ原因と、対処法について調べてみました!
 

「梅雨ダル」「梅雨だる」とは? 
 
ダルさを感じやる気が出なくなってしまい、 
 活動は鈍りがちになったりする。 
 
血行が悪くなって、腰や首肩がこる。 
 関節が痛い。古傷が傷んだりする 
 
・冷えや足のむくみ、心や身体が疲れやすくなったりする。 
 睡眠をとっているのに眠い。 
 
天気のよくない日はアレルギー症状がひどくなったりする。 
 
・胃腸の調子が悪い。食欲がわかない。 
 
・ストレスがひどい。               
 
・うつみたいに気分が落ち込み、風邪などを引きやすくなった。 
 
梅雨の時期に起こる、
このような心身の疲れや病気などの体調不良を、
「梅雨ダル」「梅雨だる」といいます。
 

怜「梅雨ダル」「梅雨だる」5つの原因は?  
 
朝晩や日によって、気温の差が激しく、
着るものが追いつかないくなり身体を冷やしてしまうので、
血の巡りが悪くなり、体温が下がって免疫力が低下する。
風邪などを発病する。
 
②湿度が高いので、
汗が皮膚表面から蒸発しにくくなり、息苦しく集中力がなくなる。
また、体表に水分が溜めこんでしまうので、代謝が落ちる。
慢性疲労や冷え性・肌荒れなどになる。
 
③低気圧(天気の悪い日)が増え、
副交感神経が優位(身体が休息モード)になり、
運動量も減って、身体がダル重くなって眠くなる。
 
「副交感神経」が優位になと、
体内のヒスタミン分泌が多くなって
「過剰反応」してしまい、アレルギーを起こしたり、
コリやむくみ、筋肉や神経を過敏にして痛みが増幅する。
 
自律神経や脳内ホルモンのバランスを整えるセロトニンは、
 雨や曇りの日が多い梅雨は、体内のセロトニンが不足し、
生理機能や精神の安定などが乱れる。
胃腸の不調や頭痛、不眠症やうつなどを発病する。
 
 

「梅雨ダル」「梅雨だる」のサイクルとは? 
 
<良いサイクル1>
高気圧(酸素の量が多い)→晴天→交感神経刺激(優位)→
やる気が出る・活動的になる。

<良いサイクル2>
高気圧→晴天(太陽の光が多い)→セロトニンの分泌量が増える→生理機能の安定と精神の安定→日々健やかに生活ができる。
 
 
<悪いサイクル1>
低気圧(酸素の量が少ない)→雨(曇り)→副交感神経刺激(優位)→身体はお休みモード→ダルさ・やる気が出ない→活動が鈍る→
血行が悪くなる→こじらせると、本格的な体調不良や病気になる。
また、低気圧(空気の量が少ない・光が少ない・暗い、内耳にかかる圧力の変化など)→副交感神経の働きでの調整(気圧の低下を感知)→活動に適していない環境と判断→過剰な休息とエネルギー蓄積のモードの切り替え(血圧・血糖・心拍低下など)→眠い・ダルい・疲れる・やる気がでない→心身の不調になる。
低気圧(外部刺激)→肥満細胞からヒスタミンが分泌促進→免疫活動に過剰な作用→アレルギー症状(鼻水・くしゃみ・かゆみ・喉の腫れなど)、関節の痛み、低血圧など→低気圧で副交感神経な優位なところに、増えたヒスタミン交感神経を刺激。両方が入り乱れて自律神経がパニックに陥いる。

<悪いサイクル2>
低気圧→雨・曇り(太陽の光がない・少ない)→セロトニンの分泌量が減る→生理機能の不安定と精神の不安定→こじらせると、不眠・自律神経失調症うつ病などになる。
 
 

 
 

「梅雨ダル」「梅雨だる」の即効的解消法! 
 
梅雨身体不調「梅雨ダル」「梅雨だる」は、
気温湿度気圧の急激な変化に、血行不良と副交感神経(自律神経)乱れの影響からくる、セロトニン分泌量の減少と過剰なヒスタミンによる弊害で引き起こされます。
梅雨こそ、副交感神経(自律神経)のバランスを整えることが大切ですね。

では、どうすればいいのかというと、そのためには、
ズバリ!「即効!自律神経安定、足圧技整体リンパマッサージ!」をおすすめします!

足圧技師(足圧師・足技師)による、
足圧技(足圧・足技術)足圧技波動螺旋エネルギーで、
速攻的に、ふくらはぎや足の裏・手足及び、全身の骨・筋肉・関節・筋膜などにアプローチをして、深部からほぐして、完全にこわばりを取り除いきます。それだけでなく、リラックス状態の手足の血液は心臓に戻り、新鮮な血液を再度末端に送り込むことで全身の血行がいっきに良くなり、身体の芯から温まりしっかり休まるので、パニック状態の交感神経は鎮まって、副交感神経と交感神経のバランスをうまく調整することができます。結果、全身の機能が正常になって「梅雨ダル」「梅雨だる」による身体の不調解消されて、快適な生活が訪れます!

 
梅雨のこの時期限定!
 
即効!「梅雨ダル」「梅雨だる」解消キャンペーン!
 
    良知善治朗先生の 
    足圧技(足圧・足技術)で、
 
全身を施術して、
          即効 
「梅雨ダル」「梅雨だる」による、心とからだの不調を改善します。
 
初回の方、
 
1時間  ¥8,640‐→ 会員価格 → ¥6,000‐
 
を、更に 30%OFF の ¥4,200 
 
 
忙しいあなたに! 
 
嬉しい! 
 
常識破りの受付時間!! 
 
朝、6時50分から、早朝受け付けしています! 
 
夜、10時まで、夜間受け付けしています! 
 
※ご予約の際、必ず「キャンペーンを見た」とお申し出ください。
※土・日・祝日は、夕方5時までの受け付けになります。
※木曜日は、朝9時30分から、夜8時までの受け付けになります。
※善治朗先生以外の施術者の指定は、さらに、¥1,000割引になります。
※会員になるには、身分証の提示が必要になります
※キャンペーンは、平成27年7月末日迄です。
 
是非この機会に、ご利用ください!
 

 「梅雨ダル」「梅雨だる」自分でできる効率的な対処法 
  6つのポイント
 
この、「梅雨ダル」「梅雨だる」の」原因と負のサイクルを断ち切る方法は意外と簡単です!
いつもの生活習慣をちょっと変えてあげるだけでいいんです!
それには、
「食事!」「服装!」「太陽の光!」「運動!」「水分!」「温め!」の、6つの方向からアプローチしていく必要があります。それぞれ、副交感神経(自律神経)バランスを整える、ちょっとしたコツを知れば、すぐに実践できるものばかり!
ちょっとしたコツとは?
副交感神経が優位になっている「おやすみモード」の状態から、自律神経に適度な刺激を与えて、自律神経を「活性化モード」に傾かせることです。
※効果には個人差があります。
 
 
☆「活性化モード」ポイント1
「あさイチ」冷たいものを飲みましょう! 
朝、スッキリと起きられない人は、
朝の起床時の空腹時に、冷たい炭酸飲料水を一杯飲むと、代謝を高めて交感神経を刺激することができるので、「お休みモード」から「活性化モード」にスイッチを切り替えることができます。冷たい水でも構いません。
また、コーヒーや濃いお茶・栄養ドリンクなどのカフェインが含まれている飲み物も、交感神経が刺激されるのでおすすめです。
 
 
☆「活性化モード」ポイント2 
「ランチは」スパイシーな食事を食べましょう 
朝と昼の食事の時に、辛い料理を食べると「辛い」と感じるのは痛いという刺激!辛いと感じることで、交感神経に刺激を与えることができます。
この梅雨の時期、「やる気がしない」「ボーとしている」と感じたら、適度にスパイスの効いた料理を食べるのがおすすめです。
ランチを、お好みの中華料理やエスニック料理にしてみてはいかがでしょうか?
他には、お肉類料理も消化時間が短く、すぐにエネルギーになるため交感神経を優位にしてくれます。
 
 
☆「活性化モード」ポイント3
梅雨の合間に「ちょこっと運動」しましょう! 
オフィスでの、座りっぱなしの仕事が1日中が続いたり、長時間のパソコン作業などで、からだが凝って疲れていたら、リラックスして軽いストレッチをしましょう。
また、普段から、駅やオフィスでは極力階段を利用しましょう。
梅雨の合間の晴れの日や、休日にはマラソンやウォーキングなどの軽い運動をしましょう。からだをほぐし、血行を促進して温めることで、交感神経を優位にしてくれます。
 
 
☆「活性化モード」ポイント4 
からだは冷やさず「服はオレンジ!」 
朝と昼夜の激しい気温差で、ついつい薄着になったままで体を冷やしてしまいます。
体温が下がると、血行も悪くなり免疫力も低下します。
通気性が良くて、からだを冷やさない服装をこころがけましょう。
素材では、綿や絹が理想的です。からだを冷やさず交感神経を優位にしましょう。
また、色には特性があり、暖色系は気持ちをあげて、寒色系は気持ちを鎮めます。
特に、暖色系のオレンジ色には、「心身を活性化して血行を良くする効果」「落ち込んだ気分やうつ状態、ショック状態、無気力を緩和する効果」などがあるといわれています。
憂鬱な気分な日は、服装をオレンジなどの暖かくてパワーやある色合いのものにしましょう。ちょっとしたアクセント付けておくだけでも効果があります。
 
 
☆「活性化モード」ポイント5 
「熱めの朝風呂で活発に!」 水風呂も! 
41℃~42℃のチョイ熱めの朝風呂に3分入浴することで、「熱い!」という刺激で、からだを活性化モードにできます。39℃や40℃程度の入浴だと、リラックスできるのですが、カラダは「お休みモード」になってしまいます。さらに、ジャスミン・ローズ・ペパーミントなどの香りの入浴剤を使うことで、交感神経を刺激させる効果があります。また、水風呂や乾布摩擦の刺激は、交感神経を一気に目覚めさせ、快活に熱をつくりからだの血行を促進するのおすすめです。
 
☆「活性化モード」ポイント6 
五感で刺激を授かろう 
人間の体内時計は、1日が24時間であるのに対して、25時間サイクルなのです。毎朝起きた時に、太陽の光を浴びるとともにリセットされます。朝太陽の光を浴びないと、体内時計にずれが生じて自律神経のバランスが崩れます。
朝の起床時には、カーテンを開けてお日様の光を浴びましょう。
朝だけでなく、梅雨時は、日中、部屋にこもっている時などは、積極的に日の光を浴びましょう。また、ただでさえ、低気圧で空気が薄くなっているので、できるだけ、外の空気を吸うように心がけましょう。自身の五感でフルに刺激を受けることで、からだは「活性化モード」に切り替わります。
 
 
どうでしたか?
「梅雨ダル」「梅雨だる」自分でできる効率的な対処法 
つのポイントです。
今回紹介した6つの方法には、個人差や向き不向きがあるので、色々と試して自分にあった方法を見つけてください。
とにかく、この6つの方法さえ実践すれば、今年の梅雨は例年よりテンションが上がり、気分よくに過ごせそうですね。
 
 
 
 「梅雨ダル」「梅雨だる」でお困りの方は!
こちらにお問い合わせください。
         
       
    
足圧インフォメーション
TEL 0120‐662‐588
 
  東京
目黒・南青山・恵比寿中目黒・渋谷・表参道・五反田・上大崎・広尾・白金・品川・大崎・不動前から近くの
  
  足圧技(足圧)の本家本元
    
       宗家  
 
※初回会員登録になります。身分証明書の提示が必要です。
(目視させていただきますが、コピーなどは致しません。) 

ご予約・お問い合わせは、

こちらまで。↓↓

足圧インフォメーション

TEL : 0120-662-588

email:goefoot@gmail.com

足による足で踏みほぐすマッサージ

東京

目黒 ・ 南青山・ 恵比寿 ・ 中目黒 ・ 渋谷・表参道・ 五反田 ・上大崎・広尾・白金・品川・大崎・武蔵小山・不動前近くの 

足圧宗家