足圧療法士 綾音の奥儀

足圧療法士 綾音先生の名声の秘密は何か と問われんが如き

それは 彼女の特異な足圧波動法マッサージにある


この物語は 綾音先生の弟子のけいいちろうが その奥義の謎を解き明かす道のりを描いた

足圧療法士 綾音先生の名声の秘密は何か と問われんが如き

それは 彼女の特異な足圧波動法マッサージにある



ここは 惑星しずおか

はままつ国 えきなん村


ある日 綾音先生の足圧道場におる弟子らは その夜興奮に堪へぬ心地なりけり

彼らは 先生の足圧波動法の奥義を知りたくばと 心深く願い給う


その思いが募りて 彼らは一途に先生の許へと向かい給った

「綾音先生よ お袋よ 我らの乞うべきは 汝のマッサージの極意なり 教え給へ」

と 弟子のあつしは問いかけ給った


綾音先生は微笑みつつ その身を優雅に起こし これより言葉を贈る

「我が特別な能力にありしを」


弟子らは驚きに堪へず

彼女が特別な能力を持つことを知らずにおったからなり


「では その能力を示して見せ給へ」

と 弟子のけいいちろうが問う


綾音先生は穏やかに微笑み 彼らを畳の上へと招き入れた


そして その瞳を閉じ 足を弟子らの身体に置いた


やがて 不思議な波動が身に宿り始めた

弟子らはその波動を感じ 心地良き温もりが体中に広がるのを覚めた


綾音先生の足は 強くして優しく 彼らの体を癒し給った


「これこそが 我が足圧波動法なり」

と 綾音先生は語りし


弟子らは感動の念を抱きし

彼女の特異な能力により 彼らの心と体は安らかにして 新たな力を得たも同然なり


以来 道場の弟子らは綾音先生の足圧波動法を受けるたびに その特異な能力に感謝し 其の奥義を守ることを誓いし


ある日 足圧道場の師匠が綾音先生の足圧波動法に興味を抱き 彼女のもとへと訪れた


師匠もまた 彼女の特異な能力に感動し その癒しの力に感謝せり


「綾音先生よ お袋よ 貴殿の波動圧は実に素晴らしきものなり」

と 師匠が称賛せり


綾音先生は謙遜に微笑みつつ 「我はただ 心より人々を癒さんと欲すのみ」

と答えし

師匠と弟子らは 綾音先生の言葉に心打たれた


彼女の名声の秘密は 特異な能力のみならず 心の美しさと人々への深い思いにもあることを知るに至った


そして 歳月は流れ 足圧波動法の評判は広まり 戦国の武将たちからも 綾音先生の足圧療法が絶賛せられんとなりし


ある日 大名の家臣が綾音先生の存在を耳にし 城主の老いた体と疲れた心を癒すため、彼女を招待せんとなった


綾音先生はその招待を受け 城下町へと足を運びし

城主は老いと戦乱の果てに疲弊しつつあり 綾音先生の足圧療法こそ ただ一筋の救いなると信じた


其れゆえ 綾音先生の足が城主の頭と顔に触れると 波動圧が広がり 魂が異世界へと導かれし

驚くほどの安らぎと癒しを感じたという 

城主は感動の涙を流しつつ 綾音先生に深く感謝せり 


そして ある日 宮中にて健康問題が露見し 綾音先生の治療を求める声が高まった


天皇もまた 綾音先生の治療が己の最後の希望なることを悟り 京都御所へと訪れんとなりし


天皇の侍従たちも 綾音先生の存在を知り 心配しつつ彼女の治療を見守りつつ その特異な足圧療法が始まれば 天皇は天界の啓示を感じ 身に力がみなぎりし

彼女の前に跪いて礼をし その癒しの力に感謝せり


綾音先生の存在は武士や宮廷の者たちを魅了し 足圧治療は人々の心と体を癒し 新たな希望を与えたも同然なり


彼女の弟子らもまた その特異な能力を受け継ぎ 世界中の人々にその恩恵を広めんと努めし


ラッチー

ご予約・お問い合わせ

web予約はこちら!24時間受付中

足圧インフォメーション
TEL : 0120-662-588
email:goefoot@gmail.com
足による足で踏みほぐすマッサージ(アシアツ®)
東京
目黒 ・ 南青山・ 恵比寿 ・ 中目黒 ・ 渋谷・表参道・ 五反田 ・上大崎・広尾・白金・品川・大崎・武蔵小山・不動前近くの 
足圧宗家