坐骨神経痛

坐骨神経痛とは

腰から足にかけて伸びている「坐骨神経」がさまざまな原因によって圧迫・刺激されることで

あらわれる、痛みやしびれの症状のことを指します。

腰痛から、お尻や太ももの後ろ、すね、足先などに痛みがあらわれます。

腰椎ヘルニアが多く、高齢になると腰部脊柱管狭窄症が増えます。

神経根が圧迫され、下半身に痛みやしびれるような痛みを引き起こします。

◎腰(身体)を動かすと脚の痛みが激しくなる。

◎安静にしていても、お尻や脚が激しく痛んで眠れない

◎脚だけでもなく、腰にも痛みがある

◎身体をかがめると痛くて靴下をはけない

◎立っていると脚が痛んできて立っていられない

予防として座った時は足を組まずに、体重が左右のお尻に

均一にかかるように座りましょう。

冷えを防ぐ

日常的に下半身を冷やさないようにしましょう。

肥満に注意

腰に負担がかかります。適度に運動しましょう。

ストレッチを行う(筋肉のこわばりをなくす)

筋肉のこわばりの場合が多く、無理のない程度にストレッチしましょう。

急性期の痛みが激しいときや、患部が

ご予約・お問い合わせ

web予約はこちら!24時間受付中

足圧インフォメーション
TEL : 0120-662-588
email:goefoot@gmail.com
足による足で踏みほぐすマッサージ(アシアツ®)
東京
目黒 ・ 南青山・ 恵比寿 ・ 中目黒 ・ 渋谷・表参道・ 五反田 ・上大崎・広尾・白金・品川・大崎・武蔵小山・不動前近くの 
足圧宗家