2018年06月24日

W杯セネガル戦は今夜12時!


こんにちは、目黒整体です。

 

先週より、サッカーロシアW杯のグループリーグが毎日行われていて、サッカーファンとしては天国のような日々が続いているのではないでしょうか。

やはり4年に一度の国と国の意地のぶつかり合い、テクニックはもちろんすごいですが、試合から伝わってくる双方の気迫とエネルギーはとてつもないものがあります。

 

美しいゴールもたくさんありますが、見た目は地味でも身体の一部に執念で当てて、気迫でゴールに押し込むという得点が多いのも特徴だなと思います。

 

本日24日は夜12時から、少し遅い時間帯ですが、初戦でコロンビアに大金星を上げた西野ジャパンが決勝トーナメント進出をかけてセネガルと対戦します!相手は相当強いですが、決勝トーナメント進出を見据えるのであれば、どうにか引き分けで勝点1を積み上げたいところです。

 

今大会屈指のCBクリバリをはじめ、相手の屈強なセネガル守備陣からどう得点をもぎとるのか、異次元の身体能力を生かしたマネを中心とした相手攻撃を果たして食い止めることができるのか、興味が尽きません。

 

日本も武藤、大島、宇佐美など実力があってまだ出場していないフレッシュな選手もたくさん控えていますので、ぜひ総力戦でがんばってもらいたいですね!

 

 

 

東京目黒

元祖の足圧

足圧宗家

TEL:0120−662−588

 

2018年06月21日

コリをブロック!!Dr.ブロッこりー


こんにちは、目黒整体です

 

疲れ専用60分¥3980など、お得なDr. ブロッこりーの施術シリーズ好評実施中です。

そのDr.ブロッこりーJr.も元気に始動しています。

当院前の通りでも時々お披露目中。

 

 

明るい雰囲気で、そして、肝心の施術の方はしっかり真面目に硬派に取り組ませていただいてます!

 

当院オリジナル施術である足圧は、手では再現できない波動の圧と、効率良い深部への圧を特徴とする、他では類をみない整体テクニックです。是非一度お試しください!

 

 

 

東京目黒

足圧の本家本元

足圧宗家

TEL:0120−662−588

 

2018年06月16日

怪我をしないことの素晴らしさ


こんにちは、目黒整体です

 

先日、メジャー1年目ながら、投手・打者と二刀流で大活躍を続けていた大谷翔平選手が、右肘靭帯損傷の怪我で故障者リスト入りしてしまいました。

 

メジャーで活躍を続ける日本人プレーヤー、ダルビッシュ投手田中将大投手も同様の怪我で苦しんでいた過去があります。日本人投手がメジャーリーグで立て続けに同じような怪我をしてしまう現象について、日本とメジャーリーグを比べた場合、投手の登板間隔やボールの質、マウンドの固さなどで違いがあり、腕にかかる負担が国内でプレーしていた頃と比べると異なってくるのではないか?という説が有力です。

 

プロのスポーツ選手はもちろん、趣味の範囲でスポーツを楽しむ人にとっても、怪我をしないということがスポーツをする上で大前提です。ところが、日々練習することばかりに注意が向き過ぎて、怪我を予防するという取り組みは後回しにされがちです。

 

当院オリジナルの足圧の施術などで、筋肉、関節の柔軟性を回復し、怪我をしにくい体づくりを実践していれば、高齢になってもより末長くスポーツを楽しむことができますし、パフォーマンスの維持・向上にも役立ちます。実際、ダンス、ゴルフ、マラソン、トレランなど様々なスポーツを楽しんでいる方が当院に定期的なコンディションケアに訪れています。未体験の方もこの機会にぜひお試しください。

 

 

 

東京目黒

足圧の本家本元

足圧宗家

TEL:0120−662−588

 

 

 

 

 

 

2018年06月11日

トレラン後の忍野八海散策


こんにちは、目黒整体です。

 

先日、忍野村の第9回富士忍野高原トレイルレースを完走した後、一息ついて体力が少し戻ってきたので、会場の忍野中学校より湧水が有名な観光地忍野八海に向かいました。会場から忍野八海まで歩いて20〜30分程度の距離だったと思います。

 

大会前日に泊った民宿並松荘は、忍野八海のすぐ側だったのですが、なにしろ当日着いたのが夜で周囲が真っ暗の時間帯だったので、観光どころではありませんでした。トレラン後、気持ちに余裕のある状態で名所を楽しむことにしました。

日頃から、足圧の施術を施して脚や身体を使っているのが好影響をもたらしたのか、過酷なレース直後の割には観光地を歩いて回る体力が残っていたのでよかったと思います。

 

 

忍野八海のエリアに足を踏み入れると、まず驚いたのが、

すごい数の観光客です!

夜の静寂からは想像もつかない光景で、周囲の食べ物や土産屋も充実していて、すごい賑わいようでした。

 

湧水による美しく透き通った水面、水底と空の反射面のコラボがとても綺麗ですね。

 

風情のある水車小屋と水面、どうにか観光客の群衆が写らないアングルで写真に収めました。

 

 

 

山梨といえば、ほうとうですが、ここ忍野村では地元の湧水を生かした手打ちそばも有名です。

八海の脇にある、大賑わいの池本茶屋でおススメの蕎麦をもりでいただきます。

もりにしてよかった!と思える、生そばならではの風味と食感、観光地の真っ只中で食べられる蕎麦なのに、想像以上にハイクオリティー、大満足でした。

 

蕎麦と一緒に、川魚の岩魚もいただきました♪

 

帰路は富士山駅より高速バスの席をどうにか確保できたので、その出発までの空き時間にこれまた、地元の名物と言われる「吉田のうどん」を駅のフードコートでいただきました。

 

写真では沈殿してますが、味噌味のおつゆです。うどんの中でもややほうとうに近いうどんという印象を受けました。

 

帰りの高速バスは日曜の夕方ということもあり、高速の大渋滞に巻き込まれてしまい、予定の倍以上の時間、新宿まで4時間かけて辿りつきました。こんなことなら鉄道を使って移動すればよかったと、バスの中では後悔しきり、特に36キロのトレラン後の4時間のバス移動は本当に身体に堪えてきつかったです。

 

色々ありましたが、忍野ですばらしく充実したトレイルレースを、天気に恵まれた中で体験できたこと、富士山を見渡せる土地忍野村で各名所や食べ物を楽しめたこと、実に良い時間を過ごすことができました。

 

 

 

東京目黒

元祖の足圧

足圧宗家

TEL:0120‐662‐588

2018年06月06日

天の恵みで富士山絶景眺望!忍野トレイルラン


こんにちは、目黒整体です。

 

6月3日(日)、第9回富士忍野高原トレイルレースに参加してきました。

ショート、ミドル、ロングと3種類のコースがある中で、難度の高いロングコース(36.1km)へ挑戦です。

 

練習はできていませんが、4月下旬に東丹沢トレイルレースを走った感覚を頼りにがんばります。

 

スタートは朝7:20とかなり早いので、前日に忍野村の民宿に一晩宿泊しました。現地に着いたのが、夜7時半を回っていたので、人一人出会わず暗闇の中での移動、そして、便利なGPSを利用して無事民宿並松荘に到着しました。

 

暗闇の中のまばゆい部屋の明かりにはホッとします。

 

山梨の定番料理、ほうとう付きの晩御飯です。

 

とにかく朝が早いので、10時前にはささっと就寝しました。

 

大会当日…

 

部屋に入った時点で、外は真っ暗で気付いてなかったのですが、

窓から富士山がばっちり見える部屋でした!

朝5時過ぎの朝焼けを浴びる少しピンクがかった富士山です。

 

この忍野村は、忍野八海が有名で、近くに自衛隊駐屯地があるということぐらいしか予備知識がない状態で訪れたのですが、周囲に遮るものが特にないので、とにかく村のどこにいても、常に見事な富士山を見渡すことができます!

 

大会会場の忍野中学校グランドからもこの通り

 

総勢2000人を超える参加者だそうです。開会も近くなり大勢のランナーがスタートエリアに集まってきました。

 

そして、7時20分ロングコースの第1ウェーブが先陣を切ってスタートしました。

 

1.5キロほどアスファルトの坂道を走ると、やがて山道に入ります。

 

この日は雲ひとつないと言える快晴で、とにかく目に飛び込んでくる大自然が美しいの一言。

 

走りながら撮っても、手ぶれしていないスマホカメラの技術もさすが。

競争ではなく、ハイキングでのんびり歩いても、十二分に自然の素晴らしさを体感できる絶好のコンディションだったと思います。

急ぎたい気持ちもありますが、まだまだ先は長いので、登り坂などは、急ぐランナーはどうぞお先にというスタンスで進みました。

 

そうして、大会のコース高低図からも予想されていたのですが、手を使わなければ登れないレベルの急斜面にさしかかりました。部分的にロープが備え付けられている箇所もあるので、ありがたくロープにしっかり掴まってセーフティーに登ります。ちょっとアスレチックレースな雰囲気にもなります。

明らかにこれまで走った2回のトレイルランでは体験できなかった激しい急傾斜でした。

 

やがて、カラーンという鐘の音が近付いてきました。そこは素晴らしい富士山が見渡せる杓子山(標高約1600m)の頂上です!

 

良い天気〜〜壮麗な日本最高峰の姿と対面!

ここのポイントを通過できるのはロングコースのみです。この場に到達するまでの道のりは明らかにハードですが、力を振り絞って登ってきたかいがあります!

 

続いては、大会前から気を付けようと頭に入れていた岩場がメインの下りです。

怪我しないようあせらず、手もしっかり使いながら、無事負傷することなく通過できました。

 

ある程度下ると、ミドルコースの人々とも合流します。山道の狭い箇所も多いので、声をかけながら追い抜いたり、追い越させてあげたり、譲り合いながら皆進んでいきます。このささやかな声の掛け合いによるコミュニケーションも、通常の市街地のマラソンでは見られない特色だと感じます。

 

そして、立ノ塚峠二十曲峠の充実したエイド、給水ポイントにさしかかります。忍野トレイルは、エイドの充実度、エイドが設置されている数や間隔も素晴らしいです。私が最後まで体力を維持しながらゴールできたのも、このエイドでの栄養補給にかなり助けられたからだと思います。本当に高評価のポイントです!

 

その後、一旦はアスファルトの道路に出て、そこでは水を得た魚のようにバタバタと駆けていきました。そして、だんだん登り坂がメインの地形へと変わっていき、次は大平山のてっぺんを目指します。

 

大平山からの富士山の眺めも素晴らしい☆

写真の通り、足を止めて記念撮影してるランナーもたくさんいました。

山中湖越しの富士山を望める、忍野トレランの代表的な名所ですね。このポイントはロングだけでなく、ミドルコースの参加者も通過することができます。

 

大平山を下ったあとは、ミドルコースはゴールへ向かっていくのですが、ロングコースのランナーはそれから再度、標高1200m程度の立ノ塚峠へ登っていくことになります。登り坂の傾斜自体は、序盤程ではないのですが、レースの終盤、この辺りが体力・精神面も含めて一番きつい所ではないかと思います。

 

無事、峠から下ると、もう忍野中学校へ向けて田んぼの脇を走り抜けるだけです。ただ、この土地が初めてなので、あとどれくらいの時間この田んぼ脇の道を駆け続ければいいのか、今ひとつ掴めず、残りの2、3キロが心理的に遠く感じます。

 

それでもラストは、他のランナーと比べるとまだ走れている方だった気がしました。このレースでは良いタイミングでエネルギー補給できていたのと、日々、足圧の施術を行い、脚や体幹の使い方や持久力が鍛えられていたというのも功を奏したかもしれません。

最後の20メートルぐらいにダッシュをしたところ背中がつり、「いてーーー!」と思いながらゴール!

4時間28分、速報値34位のフィニッシュでした。

 


参加賞でおいしそうな生そば、そしてカッコいい長袖Tシャツ、スポーツタオル、サービスの豚汁などをいただき、しばらくテント下に座って固まっていました。

 

忍野村は、すぐ脇に自衛隊(第1特科隊)の有名な駐屯地があり、コースの各所で、自衛隊の方が声援を送りつつも、頼もしく見守ってくれました。数名、自衛隊の中から参加しているランナーもいらっしゃったようですね。何というか、自衛隊の方が待機してくれていると、へロヘロになって走っている側としても、すごく安心感があります。しかも、主だった分岐点など、本当にいてほしい、迷いやすい場所にスタッフの方が居てくれるので、通しで余計なストレスや不安を感じずに走ることができました。

 

田んぼと富士山、スタートゴール地点の周辺には田んぼもかなり広がっていました。

 

忍野トレイルランは運営・サポートが充実していて、スタッフの方々もすごくよくしてくれて、きついけど、とても安心できる大会です。そして、天気次第の面もありますが、景観が素晴らし過ぎます。

忍野トレイルの景観を味わい尽くしたいという方は、ロングコースへの参加をおすすめします。トレラン未経験、登山や走力に自信がないという方は、ショートコースという選択肢もあります。

 

トレイルランニングがどんなスポーツなのかわからないという方も、この忍野トレイルレースに参加すれば、すっかりその魅力に取りつかれてしまうかもしれません。それだけ、様々な面で充実していて、走りがいのある大会だと思います!

 

 

 

東京目黒

足圧の本家本元

足圧宗家

TEL:0120−662−588

2018年06月04日

シュワッとサイダー、シンプルが美味しい!


こんにちは、目黒整体です。

 

ずいぶん湿度も気温も上がってきました。こんな気候になると、冷たい飲み物、スカッと炭酸の効いた飲み物が欲しくなりますよね。

 

先日、佐賀のメーカーである「スワンサイダー」という飲料を初めていただきました。

 

透明のビンに昔懐かしいデザインのシールが貼られていて、その雰囲気だけでも期待が高まります。

ずいぶん昔(創業明治)から作られているようですが、これまで一度も見聞きしたことがありませんでした。

さっそく味見してみると…

 

これはおいしいです!

 

特徴はというと、特にはありません。この特徴のなさが最大の特徴で、ただただ甘くて美味しいサイダーを飲みたいという方にとっては、この上なく完璧な仕上がりです。シンプルって素晴らしいんですね。

お値段は通常のサイダーの倍近くします、それでも、このすばらしい味わいならばもちろん納得です。

 

これまで、いろんな、サイダーや、ラムネを飲んできましたが、それでもここまで美味しいサイダーに初めて出会えるとは、予想もしていませんでした。

 

 

 

東京目黒

足圧の本家本元

足圧宗家

TEL:0120−662−588

2018年06月01日

京成バラ園

こんにちは。目黒 整体です。

日曜日に、京成バラ園へ行ってきました。

今年は、開花が早かったので枯れているバラもありましたが、遅咲きのバラが咲いていたので楽しめました。

隣接しているガーデンにも寄り、院内に飾るミニバラやハイビスカス、虫よけになるバジルを買ってきたのですが、

つぼみから、四日で花が開きました!

それがこちら↓↓↓

ハイビスカス

大きなハイビスカスで室内が明るくなります(^^♪

ミニバラも咲きました!

皆様に好評です!お花が咲くと、気分も上がります!

ミニバラ

足圧も血のめぐりが良くなり、副交感神経が優位になる効果があります。

足で首をふむと胸鎖乳突筋や僧帽筋などがほぐれて、ずっと原因不明だった体調が改善されることもあります。

首ふみについてはこちらをクリック!

 

 

2018年05月27日

新宿伊勢丹「パンの祭典」


こんにちは、目黒整体です。

 

食欲の初夏とでもいいましょうか、5月は秋と並んで、各地で食のイベントが多いですね。

新宿伊勢丹では、5月28日(月)まで日本各地のおいしいパン屋が終結したイベント「パンの祭典」別名「ISEPAN」が催されています。

http://www.isetanguide.com/20180523/isepan/

 

私もさっそく行ってきましたが、時間ばかり気にしてあまり予習をしていなかったので、そのパン屋ブースの数の多さに圧倒されました。

 

どのパンも美味しそうに見えます。試食サービスもありましたが、もちろん全ての店舗を試食して回るわけにも行きません。その中から、購入するパンを選ぶというはまさに至難の業です!

 

というわけで、新宿伊勢丹のパンフェスに行かれる方は、「この店のこのパンを買う!」というのを事前に決めていくことをおすすめします。

正直どれも美味しそうに見えますから。

 

そんな中、私が選んだのがこちら!

置物ではなく、ちゃんとした食べ物ですよ^^

 

右がロリポップベーグル、左がユニコーンベーグル

右がイチゴのクリームチーズがサンドされていて、左側がチョコチップのクリームチーズがサンドされています。

麻布十番のNew New York Culbの商品(作品)です。

 

適度にトーストして食べると美味しいですよ。

見た目のインパクトはすごいですが、味の方は通常食のベーグルと大差ありません。

それでもこれだけのデザインのベーグルを生で拝めたというは貴重な経験になりました。(笑)

 

 

 

東京目黒

足圧の本家本元

足圧宗家

TEL:0120−662−588

2018年05月22日

転化糖と甘味料

こんにちは、目黒 整体です。

ふと、チョコレートを食べているとき

裏に貼ってある材料ラベルを見た時に「転化糖」と書かれていたので、

それは何かなぁ〜と思い、調べてみました。

転化糖とは、ショ糖(スクロース)を加水分解することで、ブドウ糖(グルコース)と果糖(フルクトース)に分かれた甘味料のことを指します。


果糖、砂糖、ブドウ糖どれが一番甘いか?

 

正解は、果糖>砂糖>ブドウ糖の順に甘いです。

果糖はくだものに多く含まれています。


因みに、砂糖は色々な種類がありますが、いったいどれが体に良いのか調べてみました。

甜菜糖と、黒糖が良いことがわかりました。

甜菜はビートともいわれていて、オリゴ糖を含んでいて、体を温め善玉菌のえさになるので

腸に良いとされています。ミネラルやカリウムも含まれています。

甘味は控えめです。

一方、黒糖はサトウキビのしぼり汁だけをろ過して冷やしただけの一切加工していない砂糖です。

ビタミンが豊富で鉄も含まれています。

と、いうわけで積極的に摂取しましょう!

2018年05月18日

肉肉肉♪で栄養チャージ!


こんにちは、目黒整体です。

 

先日は目黒・権之助坂沿いのビストロシンで、絶品美味肉料理の数々をいただいて、十二分に栄養補給してきました。

 

ビストロシンの肉料理はどれもホントにおいしいです。その中でも店主の高野さんが薦めてくれたのが「やまゆり豚の山椒ソテー」

山椒というとウナギのイメージしかなかったですが、豚肉との相性抜群!こんな美味しい豚肉料理はそうそう巡り会えないと思います

 

フランスシャロレー牛のハラミステーキ。

牛肉ド真ん中ストレート、個人的にもハラミは適度な脂分と噛み応えのある弾力が大好きです。

 

 

鴨の生ハムとフエサラミ、フエとは白カビで熟成されているということです。

実に綺麗なもりつけですね。

 

仔羊のロースト、このラム肉、力強くも柔らかい食感がすばらしい、質が良過ぎて肉好きには申し分にないクオリティーです。

焼き加減も実に見事に仕上がってます。

 

大満足、たらふく食べた分は適度に運動して、確実に消化していきたいですね。

 

 

 

東京目黒

足圧の本家本元

足圧宗家・足技宗家

TEL:0120−662−588