2018年10月10日

真夏ランとした相模原米軍基地ハーフマラソン!


こんにちは、目黒整体です。

善治朗先生が相模原にある米軍基地敷地内で催されたマラソン大会に参加してきました。

その際のレポートです。

↓↓↓

 

相模原の米軍基地での第2回東日本ハーフマラソン大会に参加してきました。駅から会場に行くまでの道のりで、この日差しこの暑さでマラソンをするのは尋常ではないだろうと思いました。

 


広大な米軍基地での、芝生と倉庫を見渡す風景。どこまでも続くアスファルト道路の周回コース。
ものすごく暑くて
辛かったです!
なんとか完走しました。

 


木陰で休憩していたら、制限時間を15分延長するお知らせが!
ハーフ後の、親子ランが心配になりました…

 

 

 

東京目黒

足圧の本家本元

足圧宗家

TEL:0120-662-588

 

 

2018年10月04日

【緊急企画】あんたのあんよが軽っ軽コース♪

 


10月7日(日)8日(月)は.
もも裏ふくらはぎ足足指まで
オジリナルでスペシャルな施術を実施!

あんたの、
疲れた、むくんだ、冷えた、凝った、カッチンカッチンの大蛇みたいなあんよが、とってもスッキリーに、なること間違いなし💓

【2日間限定】「あんたのあんよが、軽っ軽っコース!」

足圧技15分
脚しぼり15分
足の指ヨガ20分
のオジリナル施術セット
計50分
¥3,980-
(通常会員価格¥4,900相当)

この日は、
Dr.ブロッこりー
「城   先生」が
ソフト&ハード
どちらでも、
丁寧に真心こめて施術します。
ご予約の際に、
略して、「あんよ軽々コース」
と、お申込みください。

完全予約制


東京目黒
本物の足技
足圧宗家
TEL:0120−662−588
2018年10月04日

日・祝でやります!ブロッこりー(全身足圧)!

 

夏の疲れが今頃に・・

疲れた方専用
全身疲労回復宣言!

Dr.ブロッこりー  
10月7日(日)8日(月)は、
ブロッこりーの日!
なんと、
¥3,980-
60分の足圧施術(全身)が受けられます。
(通常会員価格¥5000相当)

Dr.  ブロッこりー
「城  先生」が、
ソフトで、
丁寧に真心こめて施術します。
ご予約の際は、
「ブロッこりー」と
お申込みください。
お早めにどうぞ。

 

完全予約制



東京目黒

本物の足圧

足圧宗家

TEL:0120-662-588

2018年09月30日

箱根駅伝予選会コースではなく…

こんにちは、目黒整体です

 

9月22日、善治朗先生単独で、立川コスモスマラソン2018に参加しました!

その際の感想レポートです。

 

確か、

以前、昭和記念公園での大会にスタッフで参加した時は、

箱根駅伝予選会

周回コースを使用していたと記憶しています。

 

しかしながら、

今回は、

道路の真ん中に、

赤いコーンを連ねて置いてある、

せいぜい片側に

4人くらいが並べる作業道路。

往復3キロを10回走る大会でした。

コースは、

適度なアップダウンがあり、

両脇は手入れをしていない、

密集している雑木林。

無風で暑い日でした。

 

スタートは、昼頃だったかな?

 

表彰式、表彰台もありの、

 

雑木林作業ピストンラン

ロードレース大会でした!

 

コスモスは、

どこにも

一輪も咲いていませんでした。

 

荷物預かり所付近のベンチに、

弱々しく蛾が舞っていました。

 

今年は、天候が不安定ですからね、自然も困り果てているだろうと思います。

 

 

 

東京目黒

足圧の本家本元

足圧宗家

TEL:0120-662-588

2018年09月26日

王滝村目指し塩尻・長野木曽へ

こんにちは、目黒整体です

 

先日の祝日、9月17日に長野県王滝村にてトレイルレース(王滝ダートマラソン2018)に参加してきました。

今年は台風が多かったり、豪雨があったりと天気が不安定になることが多いですが、当日は幸運にもまずまずの気候に恵まれることができました。王滝村は長野県南西部に当たり、以前噴火した御嶽山のふもとに位置する村です。

 

当日東京から出かけていてはとても間に合わないので、前日16日より新宿発のスーパーあずさに乗って、まずは経由地の塩尻を目指します。

 

塩尻では乗り換えまでの時間を使って、事前に調べておいた手打ちそばの店で本格蕎麦をいただいてきました。

securedownload (6).jpg

 

塩尻の比較的栄えているエリアとは逆側にある、完全住宅地の中にその店、「しみず」はあります。

11時、開店と同時に入店します。

店内は店というより、広めの地方の個人宅という感じ、つい「お邪魔します」と言いたくなる雰囲気です。

 

securedownload (2).jpg    

 

これが塩尻で高い評価を得ている、3種のそばがもられた人気メニューです。

左から、更科、挽きぐるみ、田舎のそばが盛られています。

食べていると、次から次へとお客さんが…こんな立地でこんなに混むとはやはり名店!

ランチを希望通りの店で食べることができて大満足した後は、名古屋行きの中央線に乗って王滝村行きのバスが発着している木曽福島駅を目指します。

 

securedownload 木曽.jpg

 

木曽福島へ到着。なかなか味のある街並み、空気もきれいで木々の香りが漂い所です。

あと、話では聞いたことがありましたが、川の流れが豪快、そして水もなかなか綺麗で、田舎の渓谷を思い出すほどです。

 

securedownload (7).jpg

 

なんと、こんな和風感漂う木曽福島においしいジェラート屋さんがあるという情報を事前にキャッチしていましたので、バスの待ち時間を使ってその店に向かいます♪

 

securedownload 田中氷菓.jpg

 

本当にこんな場所にアイスクリーム屋があるのか不安がよぎりましたが、ちゃんとありました!

田口氷菓店です。

 

せっかく来たので、もちろん2種類チョイスします!

securedownload (4).jpg    

 

悔いなしのチョイスは、ミルクチョコナッツとはちみつ☆

これは本当に美味しい!仮に原宿や渋谷で出店しても大人気になるであろう味です!おそらくフレーバーは日によって少しずつ変わるんだと思います。何味があるのか訪れる度に楽しみがありますね。

 

そうして、木曽福島駅からバスで40分程、レース会場の王滝村へ向かいます。

 

securedownload (3).jpg

 

→レースレポなどへ続く

 

 

東京目黒

足圧の本家本元

足圧宗家

TEL:0120−662−588

2018年08月13日

水分だけではまだ危険!?低ナトリウム血症について

こんにちは、目黒整体:Dr.ブロッこりーです。

 

毎日厳しい蒸し暑さが続いており、テレビを通してもこまめな水分補給の必要性が連日呼びかけられていますね。

 

ところが、この蒸し暑さの中、十分な水分をとっているだけでは、熱中症の予防にならないということがわかってきています。

 

詳しくは↓

水の飲み過ぎ注意!?低ナトリウム血症の恐怖

 

汗を大量に書くことで、水分と同時に体の塩分もかなりの量が失われます。こうして、体内のナトリウムが不足することで、熱中症と同じような症状(低ナトリウム血症)が起きるリスクがあるそうです。つまり、水分をたくさん補給しているというだけでは安心できないということです。スポーツドリンクや塩タブレット、梅干しなどで、塩分・ナトリウムもしっかり忘れずに補給しましょう!

 

 

 

東京目黒

元祖の足圧

足圧宗家

TEL:0120‐662‐588

 

2018年08月11日

函館マラソン参戦記当日編(地獄の黙示録)


こんにちは、目黒整体です

先日、日本一過酷なファンランと言われている函館マラソンに出場した、善治朗先生の大会当日の記録をご覧ください。


2018函館マラソン大会

当日、

早朝5時。

目覚め。

宿泊部屋の窓を開けたら、

東京では、お目にかかれない

濃霧。

えっ、

寝起きの頭も脳霧!

熱っいシャワーを浴びて、

雲散霧消脳霧退散ぁーん。

脳霧は消え失せ、

着替えて、朝食を食べ終え。

出かける準備万端。

濃霧は消えたかな?

宿泊部屋の窓を開けたら、

雨。

立派に降りそそぐ、

本降りシャトーブリアンの

雨。

天気予報よりも、

早く太く降りやがって。

開き直ってやる。

ふるならふれ、

ふれふれふれぇー。

もっと、ふれふれふれぇー!

ふれッ!ふれッ!

ふれッ!ふれッ!ふれーッ!

風がないだけ、

気温がそれほど高くないだけ、

マシ。

土でどろどろのビチョビチョ地面の

手荷物預かり所に預けて、

ぬれながら8時30分までに

グランドに整列。

フルマラソンのスタートは、

9時10分。

ただひたすらに、雨に打たれる。

これも、きっとなにかの修業なのだと自分に言い聞かせ耐えました。

うっ!いつもの大会と違う!

ブロック別に並ぶのですが、

いつもなら、

我れ先に我れ先にと

前に前にと行く人がいない!

前後左右が隙間ダラけで、

どうぞ、どうぞどうぞ!

みたいな感じで

牽制している雰囲気!

不気味だ。

なんだ、このビビリの違和感は。

大会運営の挨拶なら、

ゲストのトークやら、

そうこうしているうちに、

ビチョ濡れズブ濡れでスタート。

競技場のメイングランドから

市街地までは渋滞。

その先、

ペースが遅い。

らくらくフォンペース!

とびます、とびます、の

ランナーがほとんどいない!

自分と同じくらいの遅いペースだ!

10km、これが急激なドドンパアップダウンの始まりか!

確かにタフだが、

これぐらいならこのペースで

後半イケイケだ。

20km過ぎ、

アップダウンもあるけど、

まだまだイケイケjoggerだ。

 

それからなんkmから走っただろうか?

橋登場、

急激な登り坂をダッシュ。

小癪な、これが噂に聞いた巴橋か。

たいしたことないじゃないか。

ふふふ、ふふふ。

えっ!

うわぁぁぁああー!!

なんだなんだ、

この頭上に見える、

地球征服壊滅させるような、

巨大な未確認物体は!

これが、巴橋だよ。

と、囁く声が聞こえる。

錯覚した小さな橋を渡ると、

右折、

まっすぐに伸びるアスファルト。

巨大な巴橋の入り口まで、

遥かに見える。

ここで、こころ折れ第1通過地点。

折れちゃあいけない。

雨かあがって、

体幹温度、感度は沸騰前。

巴橋のはじまり。

エイドで飲んだり食べたり、

腹いっぱいたげど、

水分補給たげは、ゲップ。

入り口あれば出口ある。

よーし、

巴くんやってやろうじゃないか。

濃霧にかすかに浮かぶ、

登り伸びどこまでもうねり漂う

巴くん。

巴くん、巴くん。

この高速道路みたいなバンクな登りッて、脚が足が膝が笑えないほど、

辛いっす。

チカラを抜いて、

ももをあげて、

足首を返して、

まっすぐな姿勢で、

濃霧で先が見えにくい。

ん!

反対車線にある33qとかは、

あと10kmなのか?

巴くん。

やっと渡り終えたよ。

おお、赤煉瓦倉庫だ。

石畳み石畳み。

ハシリにく。

コタエマス。

赤煉瓦倉庫過ぎても、

まっすぐに伸びるアスファルト。

ここで、こころ折れ第2通過地点。

折れちゃあいけない。

ただ、

行きがあれば帰りもある。

片道切符じゃあないぞ!

そう、自分を勇気付けて、

ひた走る。

同じペースで同じペースで。

俺は、KIN Gof joggerだわー。

折り返しに会うランナー達は、

みな同じ顔。

よし、折り返し地点だ。

もう一回やれば、

あとは平らな道路だ。

スタスタとリズムを刻んで、

赤煉瓦倉庫の石畳み。

しばらく走って、

そそり立つ巴くん。

巴くん、

相変わらずに、

霧の中でうねり泳いでいるね。

まるで巨大な坂東太郎みたいだよ。

きっと、

関西風に捌かれ焼かれるだろね。

なんとか、なんとか、

もうし開きして、

渡らせていただきたく存じます。

ここで、こころ折れ第3通過地点。

頭も身体も沸騰しそう。

もしかして、心臓って止まる?

同じ遅いペースを意地でも維持したい。

で、なけれぱリタイア間違いなし。

橋の端っこは、

けっこう平だ!

端っこランだ。

坂東太郎くん。

でも、うねるよなぁ。

なんとか渡り終えたよ。

坂東太郎くん。

タポタポお腹にも身体が水分を補給してくれとおねだりしている。

あーゲップ。

平らな道路だ。

あと少しでゴールだ。

おっ、おっ、

ゴールだ。

よしっ!

曲がるのかよ。

まだいくのかよお。

ここで、最終こころ折れ地点。

ほんとのゴール近し。

競技場の入り口に入った。

嬉しさのあまり、

100メートル

猛ダッシュでゴール。

走れんじゃん?

ありえないほど、

日に焼けました。

なぜ?

日焼けで首とか痛いです。

筋肉痛がないのはなぜなんだろう。

また、来年参加します。

なぜなら、

いつもとほぼ変わらないタイムで

完走したことで自信がつきました。

また、きっと走力もあがります。

なにより、いい意味で、

心境の変化があると考えます。

 

 

2018年08月10日

過酷ファンラン!?函館マラソン参戦記(前日)

こんにちは、目黒整体です

先日、日本一過酷なファンラン!?と言われている函館マラソンに参加した善治朗先生の渾身の記録をご覧ください。

函館マラソンに初参加するために、大会前日、東京駅から9時36分発のはやぶさに乗車して新函館北斗駅に向かいました。新函館北斗駅到着は13時38分。約4時間の乗車です。新函館北斗駅から、JRで早ければ約15分で函館駅に到着します。

 

東京駅は、主に観光目的の高齢者と外国人が多かったですね。かなりの混み合いでした!はやぶさは満席。盛岡あたりから、徐々に空席が、新青森駅からは、4約7割の空席になっていました。みんなどこに行くんだろうと思いつつも、kfしばらくすると、いよいよ青函トンネルの通過です。アナウンスの説明によると、240mの海底に長い年月をかけて造られたトンネルです。車窓からの景色は、ただひたすらに真っ暗です。静かに闇の風を切り裂く音が聞こえます。青函トンネルを抜けると、そこはもう北海道です。山間とトンネルを繰り返して走り進みます。

やがて、右手は遠くに海、左手は田園の風景が見えますが、ちょくちょく防護壁もあるので遮られますね。

しかし、短いのとやや長いトンネルが連続が多いです。トンネル森トンネル山間トンネル森、トンネル山間、・・・。あっ、やっと、もうすぐ到着のアナウンスがありました。

 

到着です。降りる人かなり多いな!さあ、はこだてライナーの改札口に。しかし、駅員さんに、Suicaは使用不可だよっ。と言われ、急いで13時51分のはこだてライナーの切符を買いに行ったら、20人くらいの列!早く買ってください。と念じ、なんとか函館駅までの切符を購入しました。¥360-也、発車2分前で滑り込みセーフでした。これを逃すと次は14時47分です。こんなに乗り継ぎに余裕がないとは!新函館北斗駅にある、北斗の拳のケンシロウ像を見ることができませんでした。残念。

はこだてライナーにて、函館駅に到着しました。マラソンランナー歓迎ムードが漂っています。

 

 

改札を出て、さっそく、駅構内二階の有名ラーメン店、あじさいに向かいました。客はほとんど地方ランナーばかり。定番の塩ラーメンを食べました。麺は固めであっさり系、普通に美味しかったです。ラーメン通ではないのでこんなコメントです。

 

函館駅を出て、参加賞を頂きに千代台公園陸上競技場会場へ向かうために市電(路面電車または、チンチン電車)函館駅前乗り場に。外の天気は、想像していたより気温は高めで蒸し暑いです。空模様はまあまあな晴れ。乗り場は、ランナー達で行列。来た市電は、たちまち満員電車。すぐに、臨時

電車が追いかけて来て、すぐ後ろに!乗り込めば、またまたランナー達で満員。地元の人に迷惑かけてすみません。ガタゴトガタゴトチンチンチンチンと、長閑に運行。頻繁に信号に止まるので、歩いてもいいかもしれないなぁ。なんて思い耽っていたら、千代台駅に到着しました。

Suicaが使えたのが便利で嬉しいです。徒歩で会場へ向かいました。おもてなし広場を通り越して、わずか数分で陸上競技場へ着きました。

 

参加賞はネックウォーマーとウエストポーチ他でした。さっき通り越した、おもてなし広場で、すでにやっているテントブースがいくつかあったことを思い出して行ってみたら、スポーツメーカーMIZUNOのブーステントで、函館マラソン数量限定のTシャツが売っていました。つい、Sサイズは完売していました。記念に買う人がいるのでしょうね。で、つられて、私も記念にMサイズを買ってしまいました。

 

宿泊は、スタート会場まで、歩いてすぐに行ける距離のホテルをを予約してあるので、明日の準備をするために徒歩で楽チン、しっかり休息を取って本番に臨みたいです。

 

→函館マラソン当日

2018年07月26日

灼熱の7月敢えて屋外運動!?


こんにちは、目黒整体です。

 

毎日35度〜40度超というものすごい、記録的な暑さが続いていますが、皆様体調は如何でしょうか。

 

私は、今日は暑さ慣れの目的で、敢えて灼熱の時間帯、午後2時過ぎに駒沢オリンピック公園でジョギングを行ってきました!

8月に長野県野澤の大会に参加する予定なのでその慣らし訓練です!

 

 

皆さんはくれぐれも真似しないようにしてください!

 

今日はは多少雲があったので、ピークと言われていた日曜や月曜程の残酷な日差しとまではいかなかったと思いますが、それでも蒸し暑さとしては相当なものでした。

4〜5キロまではどうにか平静を保てますが、それより先の距離となると、身体が芯から蒸されてきて、苦難との闘いになります。それでもどうにか粘って10キロ半程走り切りました。

 

走り終わってスポーツドリンクを補給し、木陰で汗をだらだら流しながら座っていたのですが、身体に当たる微かな風が心地よいこと。

あまりの暑さに感覚がおかしくなっていたのか、こんな暑い屋外でも木陰は爽やかに感じられました。

 

異常とも言える暑さで毎日冷房に頼るしかない状況が続いていますが、自然ではない冷房の風を長時間浴びていると、身体が固くなりやすく、特に下半身などは血行が滞りやすくなります。脚が急につりやすくなったと感じている方もいるでしょう。

放っておいてもなかなかよくならないという時は、当院オリジナルの足圧などで、固くなった脚をしっかりほぐして血流を改善することをおススメします。さらには、暑いからといって冷たい食べ物ばかりに頼らずに、温かい食べ物も摂取して内臓が冷えすぎないようにすることも大切ですよ。

 

 

 

東京目黒

足圧の本家本元

足圧宗家

TEL:0120-662-588

 

 

 

 

2018年07月05日

新鮮ラム肉で本気のパワーチャージ!


こんにちは、目黒整体(Dr.ブロッこりー)です。

 

東京は異例の6月中の梅雨明けとなり、気温湿度共に一気に夏へと切り替わってきました。この先、どれ位の期間この夏の気候と付き合わなければならないのか、先が思いやられます。

 

急な蒸し暑さの上昇に、身体が重くてだるい…という声もあちらこちらで聞かれます。

 

そんな時は手っ取り早く元気の出る食べ物を摂取することが一番!ということで、先日、目黒のジンギスカン屋さん港屋にスタッフ一同でごちそうになりました。ランチタイムでは、美味さとボリューム抜群のドライカレーもおススメなんです。

 

皆、とにかくここのラム肉が大のお気に入りで、良質且つ、癖の強過ぎない味わいのラム肉を厚めのカットで、思う存分堪能することができます♪

 

この美しいラム肉をご覧ください。これを食べて、元気が出ないはずがないですね。肉好きのみなさんの盛大な拍手が聞こえてきそうです。

 

中央の盛り上がった特徴的なジンギスカン用の鉄板を使い、野菜と肉を大量に焼き上げていきます。


 

肉食の息抜きとして新鮮な夏ミカンを途中で頂きます。

 

生で美しい肉は、焼きあがってもこんなにも美しいのです!

 

 

5人でしたが、結局おいしさのあまりラム肉は12人前程?たいらげてしまいました。

 

ここまで、たくさん食べた割には、ラム肉はお腹が重苦しくならず、とにかく体を動かすエネルギーをチャージしてもらえたという実感が強く沸きます。不思議と、良い意味ですぐに身体を動かしたくなってきます。

 

健康維持とパワー増強のため、また次回港屋のジンギスカンを食べに行く機会が楽しみです!

 

また、施術で元気チャージをしたければ、何といっても当院の足圧がおススメです!食べて栄養を付けたあとは、さらに足圧で、即効元気チャージ!筋肉から元気を送り込みましょう。

 

 

東京目黒

足圧の本家本元

足圧宗家

TEL:0120−662−588