2019年09月28日

ハイビスカス開花のちょっと人間らしいお話

 

こんにちは、目黒整体です。

 

当院には日当たりのよい窓際に3つのハイビスカスがあります。

環境が良いためか、年中ほぼ通しで開花し続けています。

 

しかし、3つのうち1つだけまったく咲こうとしない鉢がありました。

咲かない割に背丈だけが、やたら極端に伸びるので、仕方なく上部の枝を切り落とし、すぐ捨ててもよかったのですが、花瓶に挿してひとまず様子を見ることにしました。ただし、電光のみで直射日光は当たらない場所です。

 

すると、あれ程環境の良い場所で、一向に咲こうとしなかったハイビスカスが、複数のつぼみを付け始め、ついに綺麗に開花してくれました!

 

 

咲くまでどんな色かわからなかったですが、鮮やかな朱色がかった赤色、まさにハイビスカスの定番カラー、色鮮やかで実に綺麗です!

 

 

ただの枝になった状態で、しかも水に挿しただけの状態で、今まで全く咲かなかった花が咲くなんて…捨てられそうになって焦って咲いてくれたのでしょうか!?

植物なのに、ちょっと動物らしい、人間らしい側面を見せられたような気がします。

 

ピンク、黄色、そしてこの定番レッド、3種類とも異なるカラーリングで、院内に明るさをもたらしてくれる植物たちです♪

 

 

東京目黒

足圧の本家本元

足圧宗家

TEL:0120-662-588