2017年11月27日

第2回目黒シティランと走るポリスマン(ランニングポリス)


ランニングチーム足圧宗家通信!


こんにちは、目黒整体です。

 

11月26日(日)、好天の下、第2回目黒シティラン(健康マラソン大会)が開催されました。

 

 

気温も冷え込み過ぎず、ランニングのコンディションとしてはほぼ最高だったと思います。

スターターは、第1回目の王貞治さんに続き、今回もプロ野球関連で、原辰徳さんが務めました。

 

今回は3つのブロックに分けて、数分おきに三段階でスタートを行い、スタート直後の混雑やトラブルを防ぐよう工夫がなされていました。

それでも、スタート直後に走る駒沢通りはあまり横幅に余裕がある道ではないので、ギューギューでなかなか前に進むことができない状況でした。そうこうしているうちに、1キロほど進むとずいぶんランナーがばらけて、走りやすくなっていきました。

IMG_0355.jpg

 

善治朗先生、ゴール後記念のタオルと共に。

 

今回は、前回にも増して、警備の数がすごかったように感じました。2回目の大会を成功せせるため、相当な気合の入り様を感じました。

 

中でも、ランナー以上?に沿道の皆さんに注目されていたのが、走るポリスマンです!

「警視庁」というビブスを装着して、ランニング中の参加者に目を光らせながらも、一般のランナーと同じようにしっかりとコースを力強く走り抜いていました。マラソン大会というと、白バイでランナーを誘導していく警官の姿がイメージできると思いますが、自らの足で猛烈に駆けていくお巡りさんの姿は、ランナーの私から見ても新鮮でした(笑)。

目黒シティラン第2回レース中.jpg

真剣に走る人、自分のペースで楽しみながら走る人、目黒のこのランニング大会は、初心者、上級者問わず、とてもバランスのとれた大会になりつつあるように感じました。

 

目黒区の恒例行事にシティランあり!と、これからどんどん実績が積み上がっていきそうな雰囲気です。

 

第1回目目黒シティランはこちら

15日間で4回のマラソン大会!?平気でいられるその秘訣は?

東京目黒

足圧の本家本元

足圧宗家/良知整骨治療院

TEL:0120-662-588